1. TOP
  2. 体を温めてる男が弱い根本的な理由

体を温めてる男が弱い根本的な理由

健康ニュース
この記事は約 2 分で読めます。 392 Views



睾丸が温まったら男は終わり

男子達、脱ボクサーパンツしたほうがいいかも!?

http://www.gizmodo.jp/2016/12/tight-pants-not-good-for-men.html

最近は楽にお金になる「冷え」がある意味ブームですが、人類スケールで考えれば男性にとって大きなデメリットとなることが明らかになっています。

ドラッグ、タバコ、飲酒、太りすぎは、精子の減少への影響は少なかったのに比べ、きつい下着やタイトなパンツの着用が、精子の数に大きな影響をあたえている事が分かった

これ、不妊への影響はもちろんのこと、強い影響を受ける男性ホルモンを考えると、男としての活動そのものに対して大きな影響を与えることは間違いないでしょうね。

質のいい精子をつくるなら睾丸は体温よりも1度か2度冷たくする必要があるんだそうです。だから、そもそも、ぶらんぶらんとゆるい状態になるように体ができているわけです。それなのに、ピチっとした下着をつけることによって、睾丸が体の近くになり、温度が体温と同じようになってしまうから精子の活動に影響がでてしまう

つまり、睾丸の温度が上がるだけでアウト。 ペットの去勢を考えれば1発でわかりますね。 オスしての行動をとることはなくなります。 もちろん去勢ではないのですが、活動の低下というのはそういうことです。

睾丸が温まっている限り、男が能力を発揮することはできないんですね。

考えてみれば、遺伝子的には最も重要な睾丸が外にでている理由は? そもそもどんな理由があってこのデザインになっていのか?

業者は「冷え」の対処療法でビジネスを行いますが、人類の歴史を考えれば、瞬きにも満たない時間で作られた常識とは重みが違います。 まぁ何を基準にするかは人それぞれですけどね。




\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • ”肉食”が健康長寿の常識!?百寿者が肉食なのは体に良い肉をくっているから

  • 親がガンになっても人を幸せにできるこどもの考え方

  • 8つの「がんになる生活習慣」・週刊ポスト 2018年9月14日号

  • 5人死亡!医学的には36度超えでも熱中症じゃない?

関連記事

  • 手術は成功したけど患者は死んだ的な解決方法

  • 「抗がん剤」はほとんど効かない・FRIDAY 2018年8月31日号

  • 【悲報】Googleがもう教えてくれない、タミフルやインフルエンザワクチンの実情♪

  • 8つの「がんになる生活習慣」・週刊ポスト 2018年9月14日号

  • 風邪の咳には、風邪薬に効果なし

  • 未知の放射性物質セシウムボール