1. TOP
  2. 熱中症対策のための水分補給は要注意!水中毒で死亡も

熱中症対策のための水分補給は要注意!水中毒で死亡も

健康ニュース
この記事は約 2 分で読めます。 266 Views
水中毒



水の大量摂取は注意 「水中毒」になることも

 

水中毒

https://weathernews.jp/s/topics/201807/230105/?fm=tp_index

水を飲み過ぎると疲労感、頭痛、めまい、ケイレンなどが現れ、重症だと亡くなることもある

 

普通の生活ではこれほど水を飲むことはほとんどありません。
でも、2018年の猛暑になると熱中症対策で水分補給が増えますよね。

この時に、水だけを飲み過ぎると水中毒の症状があらわれるそうです。

 

水中毒の原因

原因は、血液中のナトリウムイオン濃度の低下です。

血液中のナトリウムイオン濃度は、通常で135〜145mEq/lくらいです。

これが130mEq/lに下がると、軽度の疲労感。
120mEq/lまで下がると、頭痛、嘔吐、精神症状があわわれます。

100mEq/lまで下がると生命活動を行えず、呼吸困難などで死亡です。
それだけ塩分(ナトリウム)不足は危険なんですね。

 

経口補水液

経口補水液が良いと言ってもお金がかかります。
でも水500リットルに塩1、5g+砂糖15gで作ることができます。

ただスポーツドリンクと同じように、糖分を摂ると低血糖症のリスクがたかまります。
おいしさは下がりますが、天然塩だけの方が健康リスクはすくないでしょうね。

 

まとめ

熱中症対策のための水分補給は、水だけでは危険。
塩分が不足すると、人は死んでしまう。

 




\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

水中毒

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 風邪を早く治すかぜ薬などは無い

  • ALS(筋萎縮性側索硬化症)

  • 湿潤療法なら、傷口もきれいに早く治る

  • 砂糖の害の1つは、低血糖になり精神的にキレやすくなる

関連記事

  • 38度の風呂は体に良く35度のプールは熱中症になる不思議

  • 朝食抜きで脳出血www

  • まさに【悲報】沖縄の平均寿命46位に転落

  • 母乳育児の「おっぱい神話」に気をつけろ?

  • ランチ後の眠気と同じ、低血糖症で運転し死亡事故

  • 体を温めてる男が弱い根本的な理由