1. TOP
  2. 白米の大食いで早死に。食と習慣が証明する長寿の全国調査

白米の大食いで早死に。食と習慣が証明する長寿の全国調査

食事・栄養
この記事は約 3 分で読めます。 144 Views
食事本



女性セブン 2018年8月23日/30日合併号

「食と習慣が証明する日本の「長寿村」「短命村」

近藤正二博士の研究を元にして「長寿村」「短命村」の秘密がわかったという記事。

 

元になっているのが、1982年に出版された「日本の長寿村・短命村」
今じゃプレミア価格でしか流通していないですね。

日本の長寿村・短命村

中古価格
¥23,799から
(2018/8/24 11:37時点)

これ、1935年~1971年の36年にわたり、北海道から沖縄まで全国990カ所を調査なんです。
それも「平均寿命」ではなく、長生きする人がどれだけいるかというもの。

ちなみに「長寿村」=人口における70才以上の高齢者(長寿率)が高い村で、逆が短命村と定義されています。

 

70歳って長寿って感じはしませんが、1950年当時は、平均寿命が60才程度。
今の感覚だと、90歳くらいじゃないでしょうかね。

 

でも最新の科学とかを考えると、ちょっと内容が古いんじゃないか?と思いますよね。
ただ研究室の研究ではなく、実際の現場調査ですから研究よりも真実なのはあきらか。

 

じゃぁ今どきの人たちはどう評価しているか?

記事内で紹介されてるのが3人。

イシハラクリニックの石原結實さん。
投薬に頼らない医師として有名です。
医学生のころに入手したそうですよ。

でもまぁ偏り的に、そっち的のお医者さまでもあります。
投薬よりも食事や習慣で健康に!って方向です。

 

そして「医者が教える食事術 最強の教科書」の牧田善二さん。
健康や食事に興味のある方なら、当然お持ちの本ですね。

この本の中でも、<近藤博士のフィールドワークと最新データには驚くべき共通点がある>と触れられています。

 

食事本

 

そして「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」の津川友介さん。
「住んでいる場所によって寿命が異なることに注目した研究が、当時行われていたことは興味深い」とコメントしています。

つまり古い著作でありながら、最新の情報と照らし合わせても見劣りしない。それどころが多くの示唆を含んだ書籍ということですね。

 

長寿食の特徴

この近藤正二博士が1970年代に明らかにした、長生きの特徴はこちら。

  • 白米の大食いで早死に
  • 肉ばかり食べると短命
  • 野菜をたくさん食べると長生き
  • 海藻を常食すると長生き
  • 酒を飲んでも長生きできる
  • 塩分を摂りすぎると短命

 

もっとあるのですが、記事の見出しだけでもこれだけあります。
もちろん詳細もあります。

なにより近藤博士の食事はパンにマーガリンと牛乳もよく食べてたような記録もあって不思議ですが。




\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

食事本

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • ”肉食”が健康長寿の常識!?百寿者が肉食なのは体に良い肉をくっているから

  • 親がガンになっても人を幸せにできるこどもの考え方

  • 8つの「がんになる生活習慣」・週刊ポスト 2018年9月14日号

  • 5人死亡!医学的には36度超えでも熱中症じゃない?

関連記事

  • エミューオイル配合クリーム

  • エクオール

  • ごはんに牛乳が合う?

  • FK-23菌・濃縮乳酸菌

  • レスベラトロール

  • ハナビラタケ