1. TOP
  2. 親がガンになっても人を幸せにできるこどもの考え方

親がガンになっても人を幸せにできるこどもの考え方

健康ニュース
この記事は約 3 分で読めます。 172 Views
自由研究



お母さんの病気は“がん” 小学6年生の娘が夏休みの自由研究

とてもすばらしいニュースですね。
小学生で気づけるとは、将来を期待できます。

 

お母さんの病気は“がん” 小学6年生の娘が夏休みの自由研究

タイトルそのまんまですが、すばらしいテーマですね。

 

なにより考え方。

闘病のお母さんの姿をずっと見てきた彩楓ちゃんは、身近な病気、がんについて、もっと多くの子どもたちに正しく知ってほしい、そう考えたといいます。

 

ありがちなのは、「なんで私が?」でしょうか。
なんでもなにも2人に1人がかかるんですから、誰がなってもおかしくありません。

ということは、50%はなるという考え方が当たり前。
でも根拠のない自信で、自分は大丈夫と思ってしまうのが普通の人

 

考え方も実に賢いです。

「がんのことを知れば親の病気を理解できるし、自分がなった時も焦らないなと思いました」(彩楓ちゃん)

親のガンを知ることで、将来の自分を守ることにもなるわけです。

 

世界的には珍しい、いわゆる3大療法は、日本の標準治療。
知識を得ることで、最適な治療法を自分が選べるようになるわけです。

 

思考停止をさける

無知は罪といいますが、それも自分の選択でしょう。

  • 国が推奨しているから。
  • みんなやっているから。
  • お医者さんに言われたから。

自分の考えは一切なしというのも少なくありません。
あなた大人なのに大丈夫ですか???

 

とにかく話すらできない大人が多い中、自分で考えるというのは非常に大切なこと。
もっとも、知識を得たからとって治るともかぎりません。

でも、”自分で選択する”というのは人生で最も大切なことです。

 

何をするにしても、「○○さんが言っているから」ではなく、「○○だから。」という自分の考えで選択できることでしょう。

どんな治療法でも、自分で選択したことに後悔はありませんから。

 

自由研究

 

親冥利

また、お母さんとしてもうれしいことでしょう。
人はいずれ死にます。

がんになろうが、ならまいが死にます。
ということは、恐れるべきは「死」ではありません。

 

今回をきっかけに、娘は病気に関心を持つことでしょう。
それは娘自身の、人生の質を高めることになります。

それも自分だけではなく、自分のまわりの人にもシェアすることでしょう。

 

なぜガンが少なかった日本は、がんが常識になったのか?
がんを予防するにはどうしたらいいのか?

いずれこの段階で気がつくことでしょう。

自分のこどもが周りの人を幸せにできる人間に育つ。
親にとって、これ以上の幸せがあるでしょうか?

 

まとめ

学んで生かす。

放棄して服従する。

どちらも自分の人生は選べるということですね。

 

 




\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

自由研究

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 風邪を早く治すかぜ薬などは無い

  • ALS(筋萎縮性側索硬化症)

  • 湿潤療法なら、傷口もきれいに早く治る

  • 砂糖の害の1つは、低血糖になり精神的にキレやすくなる

関連記事

  • iSC細胞

  • 友利新の娘がアナフィラキシー

  • 母乳では不足?粉ミルクだったら大丈夫?

  • 5人死亡!医学的には36度超えでも熱中症じゃない?

  • エナジードリンクの副作用

  • 牛乳の有害説って本当?