1. TOP
  2. 風邪を早く治すかぜ薬などは無い

風邪を早く治すかぜ薬などは無い

病気・症状
この記事は約 4 分で読めます。 97 Views
風邪に効く風邪薬



風邪

「かぜ症候群Common Cold Syndrome」は、ウイルスによる感染症の1つ。

ウイルスに抗生物質は、効果がない。

かぜ薬は、抗生物質である。

 

以上! で終わってしまうくらい、医療の世界でも当たり前の話です。
素人の私の思い込みだけじゃなく、お医者さまも同じこといいますよ。

 

風邪が治るしくみ

ウイルスを自分の免疫がやっつけるから。
それだけ。

ということは、免疫力のサポートになることをやればいいだけ。

その時の活動によって、発熱が起こり、咳やくしゃみ、喉の痛みや頭痛などの症状が発生するわけです。

 

はしかのようにウイルスが特定されていれば、はしかウイルスに対する抗生物質で狙い撃ちできる。

でも風邪のウイルスの種類、タイプのバリエーションは多いので特定が困難でもある。

 

とうぜん副作用があるので、適当に薬も投与できない。
なにより、時間をかけたら勝手に治ります。

だから病院で治してくれ!と言っても、お医者さまも困ります。
そんなことより自分の免疫に任せた方が確実です。

 

免疫力を上げるには?

さっさと寝る。
これだけです。

体を温めて寝ることがベストです。

食事の必要なんてありません。
体によけいな活動をさせます。

 

風呂は好き好き、体温は上がるけど疲れるので活動は増えます。
メリットもデメリットもあるので、好き好き。

さっさと治すなら、風呂にも入らずにとにかく寝る。

 

お手本は野生動物です。
1円もかけず、すべての病気を免疫だけで治します。
とても賢いですね。

 

市販の風邪薬は?

なにごとも好き好きですが、意味ありません。
逆に風邪の仕組みから考えて、意味を説明できる人っていますか?

 

じゃぁ風邪薬ってなんなのか?といえば、症状を緩和します。

熱を下げたり、咳を止めたり、炎症を抑えたり。
でもこれらって、自分の免疫の活動による現象です。

症状を抑えると言うことは、免疫の活動を抑えるということ。

 

それでも重大なイベントでもあるなら、症状を抑える必要もあるかもしれません。

 

人前で話す司会者や、セミナー講師なら治癒が遅れても仕事が。
という場合もあるでしょう。そういうことですね。

でも人がいるとこにいったら、風邪のウイルス感染すんじゃない?
というのは正論で、そういうことでもあります。

 

風邪に効く風邪薬

 

病院のリスク

ならば・・・

 

病院に行ってお医者さんに診てもらう。
最近じゃなくて風邪だと診断を受ける。

そして事情がない限り薬はもらわない。
この診断は5分以内に終わらせる。

 

かな。とも思いますが、リスクも高いです。

自分の調子が悪く、免疫にも負担がかかっている。
そんな時に、同じような人たちが集まってるのが病院です。

そう考えると、看護師、医師の方は大変なお仕事ですね。

 

で、

病院は病人が集まって、ウイルスの交換会をやるようなものです。
でもトレカやガチャと違うのは、交換しても自分のウイルスは減りません。

 

よく健康に自信があって、ここ10年病院にも行ってないよ!
なんて人がたまにいますが、病院に行かないから健康でもあるのです。

この致命的な病院のリスクを考えると、家で寝る。
ってのはかなり賢い選択だというのが分かるでしょう。

 

ただ別の病気の可能性もなくはないですよね。
ウイルスではなく感染症だったり、まったく別の病気だったり。
まずないとは言え、あり得ます。

 

それは妊娠とか高齢とかの状況だったり、流行の病気だったりもある。

それこそ話題の「自己責任」ということですね♪

 

ちなみに最悪なのが「市販のかぜ薬でごまかす」という思考停止。

SNSで「あー、熱が下がりません。」。
などの、かまってちゃん投稿は好き好きで♪

 




\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

風邪に効く風邪薬

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 風邪を早く治すかぜ薬などは無い

  • ALS(筋萎縮性側索硬化症)

  • 湿潤療法なら、傷口もきれいに早く治る

  • 砂糖の害の1つは、低血糖になり精神的にキレやすくなる

関連記事

  • 【悲報】ピンクリボン運動は乳がんの予防とは関係なかった

  • ALS(筋萎縮性側索硬化症)

  • 機能性ディスペプシア

  • 湿潤療法なら、傷口もきれいに早く治る

  • 虫歯は認知症のはじまり

  • 睡眠負債