1. TOP
  2. 人生100年の習慣

人生100年の習慣

 2019/02/16 健康法
この記事は約 3 分で読めます。 297 Views
元気な高齢者



人生100年の習慣

 

センテナリアン(百寿者)は、死ぬ直前まで元気な理由はなんなのか?

 

百寿者の健康の秘密がわかった 人生100年の習慣

新品価格
¥1,404から
(2019/2/16 14:11時点)

 

そんな、長寿といえども高齢化で介護が当たり前の日本には、とても興味深い内容です。
単純に脂肪までの時間がながいという長寿ではなく、自分で活動できる人の特徴ですね。

そんな調査でわかってきたのが、元気に長生きする人の特徴、習慣が明らかになってきました。

もちろん遺伝的なこともありますが、やはり影響が大きかったのは習慣だったのです。

 

 

慢性炎症

こたえから言うと、慢性炎症’(まんせいえんしょう)が少ないほど健康長寿。
慶應義塾大学の大規模調査で明らかになりました。

 

炎症が起きるのは、免疫が働いているような時です。

インフルエンザにかかって免疫が働く。
ケガをして傷口にかさぶたができている。
というのは、【急性炎症】になります。

 

そうではなく慢性炎症は、体内で行われるほんの少しの炎症です。
ちょっとした毒素への反応などですね。

 

でもがんとか認知症とかほかの病気とかの方が怖いのでは?
と思うのですが、それらの原因に強く関係しているのが、慢性炎症なのです。

 

炎症の権威、クラウディオ・フランチェスキー名誉教授。
炎症と老化を組み合わせ「インフラメイジング」という言葉も作られています。

炎症によって細胞の老化がすすみ、スピードの速い老化現象が病気の原因になっているのです。

 

 

老人病の原因

ではそもそも小さい炎症が起きる理由は?
体内のゴミです。

たとえば古くなった細胞です。
役割を終えた細胞は、新しい細胞と入れ替わります。

 

でも体外へ排出できないままでいると、「炎症性サイトカイン」という物質を分泌します。
このたんぱく質は、拾遺の細胞も老化させることがわかっています。

そこで細胞が死を迎えても、免疫機能が落ちていると、死亡した細胞というゴミを捨てられず体内に残ってしまうのです。

 

この影響で、加齢生疾患(認知症、糖尿病、がん、動脈硬化、パーキンソン病)に大きく影響していることが明らかになっているのです。

つまり個々の病気の原因の、その原因になっているのが慢性炎症だということですね。

 

 

慢性炎症を予防する方法

 

慢性炎症を予防する方法は、ざっくりと大きく3つ。

  • 食事
  • 運動
  • 心のもちかた

これらの質が高ければ高井ほど、健康長寿への条件がそろいます。

 

書籍の中では100歳を超えても、仕事を続けている肩も登場しています。
日野原重明先生なども登場されていました。

 

逆にたったこれだけのことでも、日々の積み重ねによって将来が決まってしまうんですね。

 




\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

元気な高齢者

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • ヒートショック対策・最多の死因は○○だった!

  • ゾフルーザの耐性菌でインフルエンザが流行の兆し

  • ニュートリショナルイースト

  • 睡眠不足の悪影響!

関連記事

  • 献血で血液検査♪【思考停止】にならないための健康管理法

  • 病気になる人健康な人、こんな違いが結果の違いかもね

  • 長寿世界一の香港、秘訣は「涼」

  • ビーガン(ヴィーガン)

  • 鈴木愛(プロゴルファー)の糖質制限

  • プラズマ療法