1. TOP
  2. ジャンクフードをよく食べる男の傾向

ジャンクフードをよく食べる男の傾向

健康ニュース
この記事は約 3 分で読めます。 284 Views
ジャンクフード



イヤな上司にはジャンクフードでも食わせとけ!ってことですね。

 

これって男性なのは軍人さんの調査だから。
女性だって同様な悪影響や、細胞レベルの劣化を招くでしょうね。

 

【ジャンクフード好きの若年男性、精子少なく 米調査】

https://www.cnn.co.jp/fringe/35139283.html

 

欧州生殖・胎生学会の年次総会での発表
「欧米諸国ではこの数十年間で、精子の数が減り続けている」という、米ハーバード大学の研究チームによる研究です。

 

研究はデンマークの軍人さんが対象。
2008~17年にかけて兵役のために義務付けられた健康診断を受けた健康な男性約3000人について、食事の内容と精子の質を調べたんだって。

単純に健康な男性の指標として、男性機能はホルモンレベルからもっともわかりやすいですからね。それに余力とも言えるわけで、健康のバロメーターそのものです。

 

ちなみに北米と欧州、オーストラリア、ニュージーランドの男性の精子の数は、2011年までの40年の間に59%減ったという報告もあるそうですよ。

 

食生活

この研究ではそれぞれ精子を作ることができる強い男、劣化してしまった男、それぞれも食生活のパターンも明らかに。

 

強い男の食生活

ランキングにするとこの順番。

  1. 魚や鶏肉、野菜、果実、水を中心とする健康的な食生活
  2. 続いて「ベジタリアン(野菜、豆乳、卵)」
  3. 「スモーブロー(加工肉、全粒粉、マヨネーズ、調味料、乳製品)」

の男性の順。

スモーブローで作られてるのが、ジャンクフードってことですね。

 

弱い男の食生活

赤身肉や揚げ物など脂肪分の多い欧米型の食生活をしている男性は要注意。
健康的な食生活をしている男性と比較すると精子の量が886万~4230万個少なかった。※喫煙など他の要因を除外

 

研究チームは「健康的な食生活を続けることで、精子の量が増え、精子の機能も向上することが、今回の調査で裏付けられた」と断言。

 

もっとも、兵隊さんだから男性の研究。
赤身肉なんてのは発がん性もハッキリ認められています。

ということは、女性であっても同様に致命的なリスクを抱える可能性はたかいでしょう。

 

 

まとめ

ジャンクフードで精子までも劣化。

イヤな上司にはジャンクフードでも食わせとけ!ってことですね。

もちろん自分を含めて大切な人には控えさせる、これは自己責任で。




\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

ジャンクフード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • ヒートショック対策・最多の死因は○○だった!

  • ゾフルーザの耐性菌でインフルエンザが流行の兆し

  • ニュートリショナルイースト

  • 睡眠不足の悪影響!

関連記事

  • 牛乳の有害説って本当?

  • ビッグマックの生みの親がなんと98歳!

  • 夜勤は寿命が縮むだけでなく発がん性も!

  • 現役医師545人が受けるがん検診・受けないガン検診

  • 睡眠不足の悪影響!

  • 朝はエネルギーが空っぽなので、不明の女児は絶望的?