1. TOP
  2. 病気・症状
  3. PCR検査

PCR検査

 2020/04/18 病気・症状
この記事は約 16 分で読めます。 181 Views



PCR検査でみつかるウイルス

PCR検査でコロナウイルスが見つかる!?
100%見つかると思ってる人がいてびっくり。

PCR検査はRNAウイルスを見つけるだけ。


つまり、PCR検査をいっぱいやれば、いっぱい感染者がみつかります。
・インフルエンザウイルス
・コロナウイルス
・ノロウイルス
あたりのどれかのウイルスに感染してますよ!とわかる。

で、
そうなると、1番多いの当然コロナ!
ではなく、インフルエンザですね。

インフルエンザってどのくらい???
【2020/2/24~3/1(2020年第9週)のインフルエンザの1週間当たりの推定患者数は約144,000人】だそうです。

 

そして年間の死者は1万人と言われています。

コロナよりインフルの方が危険!

 

じゃなくて・・・
PCR検査で陽性になっても、コロナと特定するって大変だ!ってこと。

そんな専門技術が必要な検査を検査!検査!検査!ってノリでやる意味がないわけです。

 

検査が少ない!
じゃなくてこんな面倒な検査をしてくれてる医療従事者。
検査!検査!と吠えるよりも、感謝したほうがいいんじゃない?

なによりこんな条件でも、100%の精度ではない・・・

 

強制隔離ができれば、100%でなくても全員隔離すればいい。
でもそれができない日本では、検査を増やすのはデメリットしかなかったわけですね。

この事実をベースに考えれば・・・
まぁそーゆーことです。

 

PCRのウソ

PCR検査で見つかるウイルス

PCR検査は、RNAウイルスを見つける検査。
コロナウイルスだけをみつける検査だと思ってる人がいるんですよね。

2時間前の私にも教えてあげたいです。

だから「武漢への渡航」をチェックしたり、肺のCTとセットにしてたんですね。
1月あたりなら、PCR検査で陽性がでても【何ウイルスか分からない】から。

ましてや100%の精度を誇るわけでもない。
だからPCR検査をただ増やしても混乱を起こすだけってことですね。

 

 

PCR検査とは

簡単に言えば増幅法で、あるDNAのサンプルに対していろいろ試薬とか混ぜて、温度上げたり下げたりします。DNAは二重らせんの名の通り二本ですが、それを一本にしたのちプライマーと呼ばれる目印のようなものを設定し、熱反応加えて二本を一本にして、その熱を下げるとプライマーが一本にくっつき、それでDNAポリメラーゼという酵素を使うと合成反応が起き、バンバンcopyができるという次第です。累乗で増えていくので数時間で100万倍以上に増えます。

 

次にアガロースゲル電気泳動ってやつを行うのが一般的やり方で、どのウイルスかな~、コロナって言ってるやつのコピーかなってのを見るわけです。すでにこの段階でいくつもの問題が潜んでいます。検査ミスなどとは別の問題としてです。それは後述するとして、もともとPCR検査法が存在しなかったので、日本のトップ機関と評判のw国立感染症研究所様がプライマーを先に設定し、地方衛生研究所に自前の検査方法を送付したわけです。

 

時系列的には1月12日にWHOの電話会議に参加、プロトタイプ検査法を1月中旬に開始、1月24日には行政検査の準備は整ったと感染研は述べており、でもウイルスの分離に成功したのは1月30日ということです。ま、そんな皮肉は置いといて、検査方法はみなさんよくご存知の、鼻から綿棒刺してこすりとるというあれですね。肺炎患者は肺から洗浄液を出しても似たような検査ができるということです。

 

たとえばわたくしは陰謀論ばかりではなく、敵とも呼べる汚医者様の論文も見ているわけですw。これなんかは古いやつだけど今回のことに対して非常に意味がある内容w。
http://jsv.umin.jp/journal/v57-2pdf/virus57-2_217-226.pdf

これも大嫌いな国立感染研究所様の御発表ですw。
https://www.niid.go.jp/niid/ja/others/9478-covid19-16.html

最初に発表されたウイルス配列ですw。
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/nuccore/NC_045512

 

どこを増幅しているかといえば、現段階ではウイルスゲノムのオープンリーディングフレーム(ORF)1a領域と、S蛋白質と呼ばれる領域の2カ所だといいます。これは私も伝聞でしか書けません。 で、検査法としては専門的になりますが、電気泳動を用いたRT-PCR法とTaqManプローブを用いたリアルタイム1ステップRT-PCR法が使われているらしいです。前者はかなり手間がかかるそうで、これを主体にしていた感染研は検査が回らなくなってしまったみたいですね。

 

その結果外注して検査会社に依頼していましたが、その結果研究用試薬を外国産のモノが使えるようにしました。実はそれはあのロシュ社w。ロシュといえばうつみんのFBではタミフルを開発している詐欺ヤクザ会社ですねw。ロシュ社の日本法人は当然ながら感染研の動きなどよりだいぶ前に、大規模供給ラインを確保しておったそうでw。もちろんあらかじめわかっていたなんてことはあるわけがないし、単なるビジネスのために準備をしていたにすぎませんw。

 

ロシュとタミフルについてはこちらの記事を参考にw。https://www.facebook.com/kitigaii/posts/1889823104637249/

まあ、こんな感じなので最初にアホンジンが叫んでいた、「全員検査しろよ」は物理的に無理だった面もあるわけですが、こんなところで政府を擁護しても意味はありませんw。いずれにしろ、PCRってのは当初に誰かさんが決めた目印をもとに、細胞とかたんぱく質とか菌とか粘液とか大気汚染物質とか、いろんな混ざったものから頑張って精製抽出して、目的のものがないかな~と探す技法なわけです。ここであれ?と疑問が浮かぶ人はマシな人w。これも後述します。

 

まあ、普通の御用系専門家でも、施設によって検査精度に差が出ると言っているくらいですが、菌以上でもわかるウソはそこを言っているわけではありませんw。 また一般的にもPCRは温度管理、精製の仕方、ちゃんとやっても合成がしっかりされない、無関係なDNAを増幅する、合成過程において変異が起こる、ことが少なからずあると指摘されています。御用系や教科書が「少なからず」という言葉を使うことはとても重要ですw。

 

ほんの一例、氷山の一角というやつですw。
https://www.pref.aichi.jp/…/co…/pressrelease-ncov200412.html

 

無償で公開されているオープンソースプロジェクト「ネクストストレイン」(Nextstrain.org)ってのがあるそうですねw。世界各地の研究機関が、患者から採取したウイルスの遺伝子配列データをここに投稿するそうですが、さてそのプロジェクトはどれくらい信用できるのかw。ま、とりあえずそれでウイルスの系統樹を描いているのですが、HPを参考にすると、 ネクストストレインが取りこんだ新型コロナウイルスのゲノムは、3月末の時点で2000を超えたそうで、ウイルスが平均15日ごとに変異しているそうですw。

 

PCRはいろんなところに使われていますが、これまでうつみんのFBでは癌の早期診断だ、癌になる前の診断だのウソを指摘してきましたが、それによく使われていますw。そんなスバラシイPCRですが、短時間で多数のコピーができる検査法ともてはやされてきましたが、いくつかの欠点が指摘されています。これは私ではなく一般的に言われている欠点ですが、材料もしくはその処理の仕方で検出率が異なること、結果が陽性陰性でも病気の肯定否定はできないこと(病気と検査は別)、核酸の増幅は阻害物の影響などで限界があること、凍結回数(よく凍結させます)に影響を受けること、検査時の陽性対照からの汚染(周りがコロナだったり検査技師がコロナだったり)、以前の検査や実験に由来する汚染(消毒が適当とかよくある)、試薬類への核酸の混入が誤った陽性を招くなどです。これらはwikiのレベルで書いてあることですw。

 

 

感度と特異度

感度は患者のなかで検査で陽性と出る人の割合で、特異度は患者じゃない人のなかで陰性に出る割合です。これが高いほど繰り返し検査しても意味がないわけですが、前述の検査試薬などの問題もあり、複数検査については行われていないと思います(報道されていないし私が人づてに聞いている限り)。日本の検査の場合、感度は70%程度だと報道されており(自衛隊病院報告も主張)、特異度は90%前後、最近に民間会社が開発したという新キットの場合、もっと精度が高いと主張しています。

感度が70%と仮定した場合、感染症の人100人検査して陽性70人陰性30人で、30人は偽陰性です。

特異度が90%と仮定した場合、感染症でない人100人検査して90人陰性陽性10人です。

これは前述したような愛知の人為的ミスではなく、他の問題によって生じます。しかしうつみんはこの数字を全く信用しておりませんw。

ちなみに現在、政府や厚生省や都道府県の発表を見る限り、陽性患者/PCR検査人数は6~7%程度であるそうです(誤差は許してw)。

すでにご存じのように政府も病院も検査したがっておらず、いかにもコロナっぽくないと検査しないにもかかわらずw。

95%近くはコロナでないと言われているわけですが、まだ検査で引っかからないだけで中にいることも十分あり得ます。

この場合、特異度はあてはめられません。かなり集団にバイアスがかかっていますから。

 

核酸

核酸はDNAとRNAをまとめた名称であり、塩基+糖+リン酸基の組み合わせをヌクレオチドと呼び、核酸はヌクレオチドが連なったものです。でDNAは糖についているのが水素、RNAは糖についているのがヒドロキシ基(OH-)という違いです。そしてRNAはDNAから転写されてできDNAは保存に、RNAは情報を提示するために使われます。分子構造の違いとしてヒドロキシ基になっているので、非常に不安定で分解されやすいという特徴があります。

 

RNAは手紙のようなものでDNAはその大元の情報と思えばよく、DNAのほうが安定とよく表現されます。情報が渡った手紙は燃やしてもいいみたいな感じ?チミンとウラシルの違いもありますがここでは割愛します。ちなみにコロナウイルスは新型であれ旧型であれRNAウイルス、ヘルペスなどはDNAウイルスです。RNAウイルスのほうが変異しやすいのは、RNAが不安定なのと関係あると考えていいでしょう。だからコロナウイルスも変異がすっげーたくさんあるんですね。そしてDNAは二重らせんで二本ですがRNAは原則的には一本です。

 

あと、社会的に感染者数が増えている理由の一つは、やらなかった(やれなかった)検査を急速に増やしてきたからですね。これはSNSでもよく言われているとおり、オリンピック利権にまみれた連中は、なんとかごまかしてオリンピックをしたかったため、検査をなかなかしなかったというのがあります。それだけでなく検査体制が整っていなかったので、誰でも彼でもやりたいと言われても困るという、政治擁護みたいな事情があるのも確かです。しかし私がPCRがウソだ感染者数がウソだという理由はこれ以外にもありますw。これも後でまとめます。

 

繰り返しますが、どこの感染症の専門機関であっても、PCR検査は病気を証明したものではなく、偽陰性も偽陽性についても触れています。あと、私のメルマガにも書きましたが、今年のインフルエンザはどこに行ってしまったのか、アメリカのインフルエンザ大流行はどこに行ってしまったのか、インフルエンザや他の感染症の死亡数に比べて、圧倒的に新型コロナが低いことを考えないといけません。旧型のコロナでも年に1000人以上亡くなり、その他の肺炎を数えると新型コロナの数千倍から一万倍くらいでお亡くなりになります。

 

さて、これで基礎的情報がやっとそろいました。ここからあとは情報を融合していく作業と想像力が不可欠ですw。なぜなら教科書にもテレビにもネットにも決して載らないからです。ここでPCR検査を振り返りますが咽頭ぬぐい液を使いますね。そしてコロナと当てをつけている(とロシュ社wや感染研様が述べているw)プライマーから、コピーして増幅する。しかしそれは感染源ではない可能性がある。この辺まで来てピンと来た人は勘がよい人だと思いますw。

 

ある感冒系の患者が来たとして咽頭ぬぐい液を取ってPCRしたとき、そこにロシュ社や感染研様ご指定のプライマーから増幅したコロナRNAがあったところで、いろんな可能性があるということです。

それは鼻の中にウイルスが単にいただけかもしれない(感染してない)、粘液やバクテリアの中で実は死んでいるかもしれない(死んだRNAも増幅します)、細胞の中にいたとしてもすでに免疫がついているかもしれない(不顕性感染)、他のウイルスにかかっていてもコロナのRNAを増幅してしまったかもしれない、鼻の中にある細菌がウイルスを含んでいたかもしれない、ということなのです。ちなみに細菌の中にもウイルスの遺伝子がとりこまれることは証明されています。

 

これだけでも相当の問題があり、これは検査による感度や特異度とは別の問題のものも含まれています。しかし問題はさらに別にあります。すでにネット民の多くはコロナがRNAウイルスであり、ゲノム解析されていることを読んだことがあるのではないかと思います。

素人が飛びつきそうな、非常に樹状的に広がっていくゲノム―シーケンスの図(ネクストストレインのやつもね)ですね。つまりRNAがどんどん変異しているということです。さて、検査はこの変異に対応できているかといわれれば、できていないというしかありません。むしろすべてできていたら私が知らないだけなので教えてほしいですw。

 

そういう変異を追わずにターゲットを絞るとどうなるか。たとえば感染研がSタンパクを増幅ターゲットの一つにしたと述べましたが、それって旧型のコロナウイルスにもありますよ?

あと、陰謀論などで麻疹のウイルスだとかインフルエンザのウイルスだとか、HIVのウイルスだとかが混入してるかもって話を読んだことありませんか?

人工かどうかは最終的にはわからないのですが、ウイルス同士は違う呼び名であっても、遺伝子塩基配列が似ている場所があって何もおかしくはありません。さらにそれが変異著しいウイルスとあればますますそうです。

 

アメリカは当初インフルエンザが大流行りでしたが、何の自粛も緊急事態も宣言されませんでした。その後インフルエンザはどこかに飛んで行ってしまいコロナ一色になりました。そもそも重症化するウイルスはインフルだけではなく、旧型コロナもアデノもパルボもみんなするのです。このウイルスたちは死ぬときは肺炎になることが多く、それは新型コロナ死亡時系列と類似します。しかしコロナありきで検査したら、すべてのウイルスを検出しませんし、違うウイルスでも偽陽性にしてしまう可能性もあり、他のウイルス感染が重篤化しても、粘膜や菌やどこかにあったコロナを増幅してしまえば、それはコロナによる重篤ということになります。

つまり誤診なのです。

 

社会的なこと、陰謀論で唱えられていることも考えてみましょう。なぜいきなり新型と謡われ、なぜ急速に欧米から検査キットがあのロシュwから流れ、なぜ検査キットもろくにない時代から新型コロナだと決めつけられ、なぜ高感染力があるのか。他のアデノウイルスで今年と去年のを比べた場合全く同じ?違っていて前に同じのがなければ死亡リスクは同じくあるので新型アデノウイルスです。さあカスーミンども騒げw。あれ、騒がんなw。なぜ今回だけ中国発信からはじまり、日本はろくな防疫もしなかったのに日本の死亡者数は世界と比べて低いのか、データや情報を見ていても決して答えは出ないのです。

検査するしないも政治に左右されているし、本当にそのウイルス感染だと誰が証明してくれるのでしょうw。残念ながらPCR検査も抗体検査もCTもそれを証明してはくれません。以前のPCRのウソという記事にも載せたように、検査キットにも堂々とインフルエンザABともに、アデノ、マイコプラズマ他たくさんのウイルスで判定されてしまう旨が書いてありますよw。検査キットの注意事項も読んでいない人が、PCR検査はウソばっかりということを書くと批判する、これは戦時中の弾圧と同じで洗脳奴隷の筆頭だということですw。もちろんそういうのは医療系のクズと男たちに多いんですけどねw。

じゃあどうすんだとか言われますが、現実として世界中が詐欺にかかっているということなので、対処法など提示しても意味がありませんw。違うものだと考えている人たちには理解もできないことです。これまで通常の肺炎と同じ処置をしろ、マスクやうがいや手洗いもムダ、過剰に恐れてもムダといってきましたが、そんなこと素人が分かるはずもありませんw。素人はあの国でどうなった、この都市でどうなった、と一喜一憂するだけ、その人たちがコロナ以前は政府反対とか言っていたのだからもうお笑いですw。私が政府だったらこうすればいいというのはもちろんありますが、そんなこと決して書いたりするわけないですw。戦時中のカスたちの前で捕まることするか~w。

そもそもインフルエンザというものは一年に一億人以上かかるのです。コロナは感染者数を全部足しても数十万人。死亡者数は桁が二つ以上違います。インフルの人でも旧型コロナの人でも、もしタイムマシンがあったら新型コロナのキットを一年前に持っていて、多くの人に検査してみなさい。一定の確率で陽性が出るわけです。じゃあ、その人たちは新型コロナなんだなという滑稽な結果になります。それはたぶんかなりの確率だと推測しますが誰も研究してないからわかりませんw。誰か私に1000億くれたら研究してあげますw。

ダイヤモンドプリンスの患者を多数受け入れた自衛隊中央病院の医師は、その104例の報告で、コロナ陽性であり入院時は43名(41.3%)、全経過を通して33%(31.7%)が無症状だったと述べています。自衛隊病院に入院した人の死者数はゼロであり、人工呼吸器管理になったのは一人だと述べています。重症化は20%と述べていますが、私はこの評価基準が疑問で信用していません(人工呼吸器と死亡したのが本物の重症)。とはいえば、結果から考えたら、ウイルス感染の本質に立って対応したことが示唆されており、本来やることをやればこの程度と考えられるのです。これまで出してきた情報、欧米文化と東洋文化の違い、ウイルス感染の本質と免疫の意味、一般病院とは違った対応ができたこと、のなにかが採用されたのでしょう。

これらを全部含めて考える必要があります。まさにこのような検査のウソ、感染者数も検査してないんだからすでにかかった人たくさんいるし、だったら死亡リスクは激減するから隔離したり病院が特別対応する意味さえないし、医療崩壊は自滅であると述べているのはこのあたりが理由です。さらに陰謀論じみたことも考えないとこのケースはダメです。ただ、ロックフェラーが~とかワクチンが~とか言っててもムダ。そういうのを陰謀論かじった初心者といいます。ただ、今回は陰謀論的な裏事情は書きません。めんどくさすぎますw。

今回の世界の死亡者数上昇は、人種や微生物文化のあるなしだけでなく、西洋医学の病院がど真ん中で西洋医学治療していることも原因だと思います。それは見切り発車するしかないから。具体的には感染症患者が来た時に、直ぐにすべての検査ができるわけではありません。で、混ぜこぜ治療するのはどこでもやっていることです(マニュアルにも書いてあるし、私が見てきた病院、知り合いが務めてきた病院も例外はない)。

肺炎の危険性があれば糖分まみれの点滴、絶食、複数の抗生剤、症状を抑える様々な薬、咳止めや麻薬系、場合によってはステロイドなどを使うこともあります。ステロイドは免疫抑制剤ですが免疫亢進を押さえるために使うというのが建前、しかし生物はそう簡単に、免疫亢進やサイトカインストームに陥るわけではありません。余計なことをするから圧倒的にリスクが高まるのです。医原病観点からみれば、医者がサイトカインストームを起こし、それを押さえると称してさらに体の反応を抑え込むということを、繰り返しているケースはかなり多いと推測します。

 




\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 厚労省「マスクより離れる」

  • ワクチンに疑問を唱える「反ワクチン派」

  • 大切な赤ちゃんには絶対にマスクをさせないこと

  • 明石家さんま「一生、予防接種しない」

関連記事

  • 虫歯は認知症のはじまり

  • 健康寿命を延ばす方法を考えて、老後の苦労を賢く回避!

  • 血糖値スパイク(グルコーススパイク)の予防と対策

  • 【悲報】ピンクリボン運動は乳がんの予防とは関係なかった

  • インフルエンザ予防接種は必要?副作用が危険?

  • 悲惨ながん治療うらやましい大往生