人工透析と塩分

人工透析と塩分

人工透析をしている人は食事制限が基本となっています。具体的にどのようなものな制限。
一番目は塩分です。
塩分の摂り過ぎは健康な人でも駄目だと言われることが多いのですが、人工透析の人の場合はのどが渇いてしまうために塩分を控えなければなりません。
のどが渇くと問題になるのは水分を補給するからです。
水分の補給が問題になるのは腎機能の低下で尿を作ることができず、体内に水分が溜まってしまうからです。
健康な人であれば腎臓が溜まった水分を尿として対外に排出してくれますが、人工透析を行っている人の腎臓は尿をほとんど作ることがちょっと無理です。非合法な方法でもあれば違う結果になるでしょうが。
水分が体に溜まっていくとそれに応じて体重が増えていきます。
食事の食材には水分が踏まれているものが多く、どれくらいの水分量に抑えなければならないかをしっかりと把握しておかなければなりません。
もちろん、塩分の摂り過ぎは腎機能の低下の人のみは避けて、動脈硬化や高血圧の現井伊でもありますから、日頃から注意しておくことをオススメします。
最近は減塩を強調した調味料や食材が。出回るようになりました。
減塩であってもそれに慣れてしまうと、意外とおいしく感じられるようです。
それまでは塩分を摂り過ぎていたと考えなければなりません。
人工透析を受けている人が食事制限の量を守らないと、命に係わる症状となってしまいます。
しかし、少しの変化であれば自覚症状が出ないため、塩分を摂り過ぎてしまうケースもあるようです。
そのため腎機能はさらに悪化して、重症化しやすいのです。
食事をおいしく食べられないことは人にとって大きなストレスとなるようです。
インターフェイスブックとかでは人工透析を行っている人のブログを見ることができますが、前向きに考えている人よりも食事への不満を投稿している人の方が多いのが現実です。
しかし、不満があっても病気の治療です。塩分や水分を控えなければなりません。
ただ、やたらと制限するだけじゃ足下を見られるかもしれないので、料理を工夫することで楽しい食事になります。
インターネットでは宅配食の業者が。ヒットします。業者が目指しているのはカロリー制限をした食材というだけじゃ危険です。レシピとして満足できるレベルです。