1. TOP
  2. 病気・症状
  3. 悲惨ながん治療うらやましい大往生

悲惨ながん治療うらやましい大往生

病気・症状
この記事は約 4 分で読めます。 245 Views

人間という動物は、
新種のコロナですら倒す。

未知のウイルスに対する能力を用意してあるのに、死にたいしては無力とは思えん。

人生で自分を発揮できるかどうか。
そこが問われてるんだろう。

 

 

自然死とは餓死なんです。
もう死に時がきているから欲しくない。
おなかが空かない、のどが渇かないから餓死なんだけど、全然本人にとっては、普通のことなんですね。
自然の流れなんです。

しかも飢餓状態っていうのは、頭の中から「エンドルフィン」というモルヒネみたいな物質がでるらしい。
気持ちよくなるらしい。

まどろみの中で、この世からあの世へ移っていくのが実は死ぬっていうこと。
人様には強要はしませんが繁殖を終えた人はもうそろそろ、考えた方がいいのではないかと。

中村医師は京都大学医学部を卒業後、内科医として京都の民間病院に勤務。
介護保険が始まった平成十二年から、京都にある社会福祉法人老人ホーム「同和園」附属診療所の常勤医となる。

「同和園」に来るまでは中村医師も「がんの末期の痛みをとるためには、麻薬を使うのが当たり前」と考えていたという。

「病院に勤務している頃は、胃がん、直腸がん、肺がん、肝臓がんなど、色々ながんを診てきましたが、大なり小なりの差こそあれ、患者さんはみなはっきりと痛みを訴えていました。
そして痛みを訴える人には必ず麻薬を使う。

それが常識だったのです。その常識が「同和園」に来て大きく覆されてゆく。
実際に「同和園」では、こんなことが起こっていた

◎52人全員が痛みがなかった

「このホームには麻薬をおいていなかったので、いくところまでいって、痛みが出たら病院に送ろうと考えていました」 しかしそれは杞憂に終わった。

病院でなんの治療もせずにホームに戻った山川さんは、痛みを訴えるどころか、コールタールのような黒い便が普通の便に変わり、食事ももりもり食べるようになった。
血液検査をしたところ、貧血も改善し、正常の域に達していった。

その後も痛みが出ず、外出するなど普通の生活をすることができるまで回復したという。

病院からは、余命はせいぜい二~三ヵ月と言われた山川さんは結局、一年近くも普通の生活を続け、最後まで苦しむことなく安らかに亡くなったというのだ。

◎人間には“自然緩和力”がある

そうした事例を知るまでは、筆者も、がんに限らず死ぬときは苦しいものと考えていた。

だが、取材を続けていくと、「自然な最期」は驚くほど安らかなものであり、医療に頼らなくても痛みを感じないという“事実”を知るようになった。

そんな例をいくつも見ていくうちに、筆者はある確信を得るようになる。
だが現在、この“自然緩和力”が使われることはほとんどない。

中村医師が言う。
「病気ではない“死”に対して、医療が過度に介入するから、人間の本来持っている力が生かされてないのです。人間の持っている自然な力を無駄な医療が邪魔しているのです。医療の本来の役割とは、人間が持っている自然の力を最大限発揮させることなのです」

二人に一人ががんにかかり、三人に一人ががんで死ぬと言われている時代である。
治療法は進化し、多種多様になっている。どの治療法を選ぶか悩む人も多いことだろう。

だが、そんなときに、「何もしないで完全放置する」という選択肢もあるのではないだろうか。

これだけの多くの人が、全く苦しむこともなく、安らかに亡くなっているという“事実”があるのだから。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 救急搬送の患者、マスクを外しただけで回復傾向へ

  • インフル患者がコロナの感染対策で消滅!?

  • WHOがマスク着用を促す目的は庶民を”従順”にさせるため

  • HPVワクチンで子宮頸がんリスク大幅低下のカラクリ

関連記事

  • 機能性ディスペプシア

  • ワクチンの中身は胎児

  • ワクチンに対する権威ある科学者の言葉

  • マスクでの肌荒れやアレルギー反応に注意!

  • ペルーの悲惨な感染状況を招いた、マスク着用にロックダウンのお約束

  • マスク着用による身体への影響