1. TOP
  2. 健康ニュース
  3. 次亜塩素酸ナトリウム コロナウイルス

次亜塩素酸ナトリウム コロナウイルス

健康ニュース
この記事は約 2 分で読めます。 349 Views
次亜塩素酸ナトリウム コロナウイルス

過剰コロナ対策

中国で過剰コロナ対策で、肺からすりガラス状の白い影。

吐き気などの症状で病院へ。
肺のCTを撮るとコロナのような肺の映像。

ところが新型コロナの書状である発熱や、せき、呼吸困難などの症状がない。
武漢にも関係なく、接触の形跡もない。

 

そこで詳しく話を聞いてみると・・・

 

毎日「84消毒液」という消毒剤を使って家じゅうを消毒していたことが判明した。「84消毒液」とは次亜塩素酸ナトリウムを主要成分とする消毒液を使っていたとのこと。

それも濃度を適当に濃いめにしてしまったため、次亜塩素酸ナトリウムの吸い込みによる”アレルギー性肺胞炎”が発症していたんですって。

 

日本で言えば、ハイターやブリーチです。
コロナの消毒利用に使っている方は、使い方をしっかりチェックしましょう。

 

 

 

アレルギー性肺胞炎とは

 

アレルギー性肺炎とは肺にある小さな空気の袋(肺胞)や最も細い気道(細気管支)の内部や周囲に発生する炎症のこと。

細菌やウィルスなどの病原体が原因でなく、有機物の粉塵や化学物質(これらを抗原と呼びます)を繰り返し吸い込んだことによるアレルギー反応の病名なんです。

 

つまり、コロナを怖がって濃度も守らず消毒液を使っていた。
そのため消毒液の次亜塩素酸ナトリウムによって、肺に炎症が起きていたと言うことです。

高濃度の化学物質を繰り返し吸い込んでいるとアレルギー反応によって肺胞に炎症が起きるということです。

 

こういう単純な症状からわかるのは、アレルギー。

花粉症やぜんそくも、正しい健康知識で症状を改善すること可能でしょう。生活習慣の改善で劇的に改善した、なんて話もありますからね。

 

 

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

次亜塩素酸ナトリウム コロナウイルス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • マスクは2時間でウイルス予防どころか感染源になる

  • アルゼンチン4/14~のマスク義務化の効果なし

  • 現場の医師は手術でもノーマスク♪

  • コーシャマーク

関連記事

  • ワクチンの効果

  • 未知の放射性物質セシウムボール

  • PCR検査で100%陽性になる方法

  • 新型コロナウイルス ワクチン

  • 食肉工場でマスクがウイルス対策ならないことが明らかに

  • あなたの運は?ガンになるのは不運な人と発覚。原因1位をサイエンス誌が発表♪