1. TOP
  2. 健康ニュース
  3. コロナワクチンの治験も動物実験も終了していた!



コロナワクチンの治験も動物実験も終了していた!

 2021/05/27 健康ニュース
この記事は約 4 分で読めます。 485 Views

新型コロナウイルスのワクチンは動物実験もやってない。なんて噂がありますが実はやっています。

 

新型ウイルスワクチン、サルが免疫獲得か 米英研究チーム
https://www.bbc.com/japanese/52673163

実験では、複数のサルをSARS-CoV-2ウイルスに感染させた。ワクチンを接種した6匹の肺や気道から見つかったウイルス量は、ワクチンを接種していないサルよりも少なかったという。

 

米国Moderna社の新型コロナワクチン、サルでの有効性確認/NEJM
提供元:ケアネット

NEJM誌オンライン版2020年7月28日号掲載の報告。

アカゲザルさん12匹で、4週間ごとに2回接種。

そして、高い免疫応答の誘導と感染抑制効果を確認!

https://www.carenet.com/news/journal/carenet/50592

 

確かに、動物実験はやった。とは言えるでしょう。

ただこのコロナワクチンは動物実験をやっていない。というのは言葉の意味が違いますよね。

過去mRNAワクチンで動物実験を行ったら2年以内にすべて?の動物が死んでしまった。だから認可されたことがないって話ですよね。

【2年以内】がポイントならば、少なくとも2年後の結果が必要です。

それでも緊急事態というのならば、平行してこのおサルさんたちの経過も平行して情報を知りたいものです。

 

コロナワクチンを接種した。2か月後には効果あった。おしまい。
これでは、私たちが求める動物事件をおこなったと言えるのでしょうか?

 

これって、抗がん剤の効果と同じですよね。
投与して4週間後には腫瘍の縮小がみとめられた。みたいな。

5週目以降はどうなんだい?
と聞きたくなる奴です。

 

医者や専門家の話としては正しく正確な情報でしょう。
しかしそれは患者が求める情報ではないのです。

こういう詭弁めいた論法をつかう医師もいるので、患者はしっかりと勉強する必要があるわけですね。

 

 

ファイザー社公式文書

動物実験を経ておらず

つまりコロナワクチンはアカゲザルなどで動物実験は行われた!というのは、ほぼ個人の感想でしかない、ということですね。

 

正真正銘の公式文書ファイザー社「医薬品リスク管理計画書」に、ワクチン関連疾患増強が「重要な潜在的リスク」であり、本ワクチンは動物実験を経ておらず(例示として記載されている他コロナワクチンの実験は全て失敗)、現在ヒトで臨床試験C4591005(~2022年2月)実施中と明記

ttps://pmda.go.jp/RMP/www/672212/844b8dfe-491e-470f-ab0f-31f68e867f5e/672212_631341DA1025_003RMP.pdf

 

 

 

総理の見解は「治験中」

あぁーーーーー ガースーさん、また真実言っちゃった・・・

 

「日本の当局から流出した」というファイザー社の動物試験「非公開」文書

SARS-CoV-2 mRNA Vaccine (BNT162, PF-07302048) 2.6.4 薬物動態試験の概要文
https://docdroid.net/xq0Z8B0/pfizer-report-japanese-government-pdf

ワクチン接種の前に知っておくこと・・・
【無料メールマガジンの登録はこちら】

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • コロナワクチン患者副作用報告先

  • 新型コロナワクチンの安全性が確認されている?

  • ウイルスより悲惨なコロナワクチンの副作用・WHO発表

  • コロナワクチン副反応一覧・アメリカCDC

関連記事

  • 牛乳の有害説って本当?

  • ビージーズのボーカル、バリー・ギブの姪がワクチンで死亡

  • マスクの実験にはプラセボすらない不思議

  • 店内での飲食禁止をしたカリフォルニアは?

  • 【デマ】99.9%ウイルス除菌は次亜塩素酸効果ではなし!

  • 順天堂大学のコロナワクチン副反応症例