1. TOP
  2. 健康ニュース
  3. モンサント、アメリカ、ドイツで2023年から禁止に!



モンサント、アメリカ、ドイツで2023年から禁止に!

発がん性が確認され、世界中での裁判でも負け続けるモンサント(バイエルが買収)。
人体への有害性が明らかになり、アメリカやドイツでは正式に使用禁止!
でも安心してください。この劇薬、日本ならホームセンターでも買えますよ♪

健康を望む人が増えれば状況は変わるでしょうが、世界一の農薬、食品添加物の日本では、相当な犠牲者がでないと気づかないでしょうね。

 

ついに、モンサント(現バイエル)の農薬ラウンドアップ、米国消費者市場から2023年からの撤退が確定! 2023年からは個人向けの家庭菜園や芝で使う農薬の棚からラウンドアップが消える。
バイエルは米国でのラウンドアップに対する訴訟の解決のために116億ドルを用意していたが、これでは集団訴訟の交渉はまとまらず、さらに45億ドルを追加することを表明。合計は160億ドルを超えた。
しかし、この危険な農薬を同様に売り続けることはさすがに裁判と両立しえない。発ガン性の危険を表示することを求められたバイエル(モンサントを買収)はそれを拒否し、2023年から消費者市場から撤退することをほのめかしていたが、7月29日にバイエルはそれを断言した。
すでにCostcoなどのスーパーでは販売を中止していたが、2023年にはすべての販売店からラウンドアップが姿を消すことになる。バイエルとしてはラウンドアップを農業用農薬として残すことを選択したのだろうが、これは大きな一歩だろう。道路、公園、学校などでの散布は今回の決定は影響しないようだが、すでに米国では多くの自治体がラウンドアップの散布を禁止している。
さて、日本で山積みしてあるラウンドアップも消えてくれるのだろうか? 日本では近年、ラウンドアップの販売額は増加が続いているというが、ここまで危険が明らかになった農薬は禁止すべきだろう。今年からラウンドアップ、グリホサートの農薬再評価のプロセスが始まる。日本政府は例によって秘密裏に事を進めようとしている。しっかりと監視する必要がある。
Bayer Confirms End of Sale of Glyphosate-Based Herbicides for US Lawn & Garden Market
https://sustainablepulse.com/…/bayer-confirms-end-of…/

 

㊗️ ドイツで ㊗️
㊗️ 2023年までに ㊗️
㊗️ モンサントの ㊗️
㊗️グリホサート禁止㊗️

1万件以上の訴訟を抱えているのですから、世界的に観れば当然ですかね。ある国を除けば…💧

 

 

ワクチン接種の前に知っておくこと・・・
【無料メールマガジンの登録はこちら】

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【CDC公式】コロナワクチン副反応が大爆発中!

  • ワクチン接種で感染クラスター!さらにリスクどーん!

  • 3日で4万5千人のワクチン死を隠蔽!弁護士が米国連邦政府を提訴!

  • 愛知でもコロナワクチン2回接種でコロナ死!

関連記事

  • コロナワクチンの副反応に「ウイルス増加」がプラス!

  • コロナワクチンの副反応が多すぎて厚労省はギブアップ!!

  • 【悲報】いまさらながらマスクの無意味さを証明

  • コロナワクチンでのマグネットチャレンジ

  • コロナの解決策でも都知事は却下!

  • ワクチンを打った直後に自閉症