1. TOP
  2. 病気・症状
  3. ワクチンでアメリカの子どもに増えた病気

ワクチンでアメリカの子どもに増えた病気

病気・症状
この記事は約 2 分で読めます。 239 Views

アメリカのこどもを対象とした調査。

ワクチン接種児は未接種児と比較して、

  • アレルギー性鼻炎 30.1倍
  • 学習障害 5.2倍
  • ADHD 4.2倍
  • 自閉症 4.2倍
  • 神経発達障害 3.7倍
  • 皮疹 2.9倍
  • 慢性疾患 2.4倍

それぞれ発症しやすいとのこと

ワクチンの副作用や障害については表にできくいので、前提として頭にいれておく必要がありますね。

予防接種は打ちたい人だけ接種しましょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 日本は世界消費の4割に達するドラッグ大国!

  • 韓国でインフルワクチンで死者続出の惨劇!

  • 2分でOK!日光浴はコスパのよいコロナウイルス撃退法

  • インフルワクチン35人全員が接種しても発症

関連記事

  • コロナウイルス携帯電話ガラス面で28日間残存

  • イギリスのコロナは感染するリスクは100万人あたり44人/1日

  • 血糖値スパイク(グルコーススパイク)の予防と対策

  • マイクロバイオーム

  • ワクチン打てずに乳児の突然死が減っちゃった!

  • マスクの害がまた証明。カビ菌にバクテリアを増殖