1. TOP
  2. 病気・症状
  3. ワクチンでアメリカの子どもに増えた病気

ワクチンでアメリカの子どもに増えた病気

病気・症状
この記事は約 2 分で読めます。 103 Views



アメリカのこどもを対象とした調査。

ワクチン接種児は未接種児と比較して、

  • アレルギー性鼻炎 30.1倍
  • 学習障害 5.2倍
  • ADHD 4.2倍
  • 自閉症 4.2倍
  • 神経発達障害 3.7倍
  • 皮疹 2.9倍
  • 慢性疾患 2.4倍

それぞれ発症しやすいとのこと

ワクチンの副作用や障害については表にできくいので、前提として頭にいれておく必要がありますね。

予防接種は打ちたい人だけ接種しましょう。

 




\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 悲惨な日本の給食

  • コロナは恐怖のウイルス!?インフルエンザを撲滅か

  • ワクチンビジネスでビルゲイツさんが訴えられる

  • PCR検査の前提を岩田健太郎さんに質問した結果

関連記事

  • サラダ油が脳を殺す

  • 健康人がマスクなしで新型コロナウイルスを感染させる根拠は“ゼロ”

  • インフルエンザ予防には紅茶で免疫力アップでしょう

  • 虫歯は認知症のはじまり

  • ハイドロキシクロロキン

  • 除草剤に発がん性。ラウンドアップでモンサントピンチ!?