1. TOP
  2. 病気・症状
  3. ワクチンの中に白血病やガンのウィルス?

ワクチンの中に白血病やガンのウィルス?

 2020/06/24 病気・症状
この記事は約 6 分で読めます。 203 Views

ワクチンの中に、白血病やガンのウィルスを入れないで下さい!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12129660495.html

 

こういう事例、とても気になりますよね。
当時はメリットだけでデメリットを打ち消す医師なんかはいっぱい居たはず。

でも数年後、製造元が実は・・・
なんて暴露しちゃう。

 

そこまで医師が責任を持つか?
と考えれば、そんなことはありえず、論文などで証明されていたから。
なんて逃げ口で責任も回避できるわけです。

 

まぁ本当かどうかは、あなた自身で判断することですけどね。

 

 

 

数百万人が打ったワクチンにガン化ウィルス(SV40など)を
混入させていた事をメルク社が認める

Merck Admits Injecting Cancer Viruses (SV40 and others) In Millions

 

メルクは数百万人に癌ウイルス(SV40および他)を注入することを認めます。
皆さん、座って、深呼吸してください。メルク製薬会社のワクチンは癌ウイルスをワクチンに注入することを認めており、私たちはあなたが見るためのビデオの証拠を持っています。

※ただしリンク先のビデオは削除されていました。

 

Merck vaccine scientist Dr. Maurice Hilleman admitted presence of SV40, AIDS and cancer viruses in vaccines

https://www.naturalnews.com/033584_Dr_Maurice_Hilleman_SV40.html#

https://www.naturalnews.com/033584_Dr_Maurice_Hilleman_SV40.html#

https://www.naturalnews.com/033584_Dr_Maurice_Hilleman_SV40.html#

https://www.naturalnews.com/033584_Dr_Maurice_Hilleman_SV40.html#

  • ポリオワクチンは、40種類のウイルスに広く汚染されていた。
  • 黄熱病のワクチンに白血病のウィルスが入っている。
  • 有害物質入りのワクチンの作用によって・・・

 

ワクチンのリスクは、ビジネスとしている医者は伏せておきたい問題です。
製薬会社の手にかかって作られた論文などを元に「根拠がある」として、販売するだけ。

 

でものちに、このような暴露がされても医者も「知らなかった」で通る話です。

 

 

医学史家エドワードショーターがWGBHパブリックテレビ(ボストン)とブラックウェルサイエンスのために行ったこの検閲されたインタビューは、その責任のためにヘルスセンチュリーから切り離されました。

 

メルクの製薬会社のワクチンが伝統的に癌ウイルス(SV40など)を人に注射していることの承認世界的に。

In Lies We Trust:CIA、Hollywood&Terrorismのこのセグメントは、消費者保護者および公衆衛生の専門家であるDr. Leonard Horowitzは、世界をリードするワクチンの専門家であるDr.メルクのワクチンがエイズ、白血病、その他の恐ろしい疫病を世界中に広めた理由を説明するモーリスヒレマン。

博士流行性耳下腺炎、風疹、麻疹のワクチンを開発したヒレマン氏は、「ワクチンは20世紀のバーゲン地下技術である」と語った。

 

録音されたインタビューで(部屋に約6人のメルク幹部がいて、テープで彼らの緊張した笑い声が聞こえた)博士。

ヒルマンは、感染していないサルを探すために、アフリカからグリーンサルを輸入した方法について説明します。結局のところ、それらのサルはエイズウイルスを運んでいた、「私たちはエイズを輸入していたことを知っている」。

 

ポリオワクチン

博士ヒレマン氏はまた、サビーンポリオワクチン(メルク社製)がSV-40ガンウイルスに感染していることを発見したことを認めた。

ワクチンを開発する過程で、メルクの科学者は疑いを持たない何百万人もの人々を野生のウイルスにさらす大規模な試験を実施したため、公の安全を軽視していたことが示されています。博士ヒレマン氏は、癌に感染したポリオワクチンがロシア、その後アメリカで行われた大規模な野外試験でテストされたことを認めた。

 

この率直なインタビューで提起された問題は、ワクチンの安全性に関する国民の宣伝について深刻な疑問を投げかけています。 「安全で効果的な」奇跡的な治療法として宣伝されてきたワクチンは、癌、白血病、エイズを抱える何百万人もの人々に感染している可能性があります。

 

インタビューは博士によって行われました。エドワード・ショーター、医学史教授、トロント大学精神医学教授。テープの信憑性をドクターに確認しました。 「健康の世紀」と呼ばれるPBSシリーズを準備するときに彼がそれをしたと私に知らせたより短い。ダブルデイは1987年に同じタイトルのコンパニオンボリュームを発行しました。

 

博士本から省略された部分を含むインタビューのテープ全体を、国立医学図書館の他のインタビューとともに、より短く寄稿しました。

明らかにされていない事実は、米国の強制ワクチン政策の妥当性の再検討を促すはずです?

インタビューのこの検閲された部分をYoutubeに投稿したのはDrです。 Leonard Horowitz、3つの博士号を含む複数の学位を持つ物議を醸し、多産なヘルスケアの専門家。

彼の次のドキュメンタリーで、「嘘は信頼する:CIA、ハリウッドとバイオテロリズム」博士。ホロヴィッツは、発生、核爆発、およびその他の災害に対する国家の準備のための公式の指令を調べます。当局が言っていることを批判的に検討し、それが公衆衛生の将来に影響を与えていること、そしてすべてのアメリカ人が現在行うよう奨励されている緊急の命を救う決定に影響を与えていない。

 

要するに、あなたは故意に毒されました。

他の人たちは、ワクチン接種と悪魔の儀式や魔術の間のリンクを見ています。そこでは、動物が犠牲にされ、その器官が恐ろしい物質の地獄のような調合で醸造されています。21世紀のマッドサイエンティストによるブードゥー医学。悲しいことに、社会は人間の実験に対する飽くなき欲求にゆっくりと没頭しているので、私たちの子供たちは彼らの不本意な主題です。

 

 

数百万人が打ったワクチンにガン化ウィルス(SV40など)を混入させていた事をメルク社が認める】

ほんと、ワクチンが良いことだと騙されてた人に謝ってください!とまではいわないけどね。

ワクチンで病気の予防になるなんてフェイク、信じる方にも問題があるし。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 韓国でインフルワクチンで死者続出の惨劇!

  • 2分でOK!日光浴はコスパのよいコロナウイルス撃退法

  • インフルワクチン35人全員が接種しても発症

  • 救急搬送の患者、マスクを外しただけで回復傾向へ

関連記事

  • アルツハイマー型認知症が激増!

  • PCR検査の前提を岩田健太郎さんに質問した結果

  • オレゴン州のコロナ死の定義

  • コロナから自分だけじゃなく弱者を守るという意識が問われている

  • 医師が執拗にワクチン接種を勧める理由

  • マスク政策の有用性