1. TOP
  2. 病気・症状
  3. 新型コロナウイルスの治療薬



新型コロナウイルスの治療薬

 2020/06/24 病気・症状
この記事は約 2 分で読めます。 762 Views

新型コロナウイルスの治療薬って、いろいろ候補がある。

アビガン、レムデシビル、 イベルメクチン。
トランプ大統領のおすすめは、抗マラリア薬のヒドロキシクロロキン。

なんだか難しくてよくわからないので表にしてみた。
アビガンをすすめてた奴、なんだったんだ・・・

ちなみに石田純一さん。
4月15日に入院。医師から「一刻の猶予もない。アビガンでいきましょう」と告げられた。

一刻の猶予もない状態では、アビガンの投与タイミングではない。
※ウイルスを減らす作用は無いので、効果が期待でキリルのは、軽症~中程度まで。

幸いアビガンが効き、数日で平熱に戻った。病状は回復し、小康を保っている。確か4日で熱が下がったそうですね。

なのに・・・

退院は、5月12日。アビガンの効果なんかより副作用が重すぎて1か月近く退院できなかった。そう考えた方がつじつまあうんですよね。

私のようなど素人が、公開情報を集めただけでもおかしい。
まさにコロナ祭り。
効果は期待できず、副作用のリスクガチャ、みたいな。

治療薬って、なんなん・・・

気づいた人からマスク外しましょう。

 

 

ワクチン接種の前に知っておくこと・・・
【無料メールマガジンの登録はこちら】

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • ワクチンが重い疾患や死を完全には予防できない

  • マスクが感染を拡大させる理由になっとく!

  • 【実録】コロナワクチン接種の24歳の看護師さんによる副反応の体験談!

  • 子どももマスクで健康を失わないために・・・

関連記事

  • コロナワクチンにナノ粒子含有!

  • マスクで不整脈発作

  • マスク義務化地域で感染者・死者とも増加が顕著

  • 感染予防効果はナシ。厚生労働省のマスク着用の見解

  • ワクチンの効果も副作用もアジュバントしだい

  • ついに厚労省からもマスク着用の文字が消える・・・