1. TOP
  2. 健康ニュース
  3. 大切な赤ちゃんには絶対にマスクをさせないこと

大切な赤ちゃんには絶対にマスクをさせないこと

健康ニュース
この記事は約 4 分で読めます。 256 Views

2歳未満、マスクやめて 窒息の危険、小児科医会が警告

https://news.yahoo.co.jp/articles/8b919d0c5999023c6b401133b2630edb0c97efbf

 

日本小児科医会は25日、2歳未満の子どもはマスクの着用をやめるべきだとの見解を公表した。窒息や熱中症の危険があると警告する一方、新型コロナウイルス感染による子どもの重症化は少ないと指摘している。

同会によると、成人と比べ気管が狭いため、マスクをすると呼吸しにくくなり窒息の恐れがあるほか、心臓に負担がかかる。嘔吐した際に窒息につながる危険性も増す。体内に熱がこもって熱中症のリスクが高まることや、顔色や表情の変化から体調の異変に気付くのが難しくなることも懸念される。

 

窒息まではしないにしても、大人も脳機能の低下は免れられないと思うよ。

 

2歳未満にマスク着用は危険「じゃあどうしたらいい?」の不安に答えます

https://news.yahoo.co.jp/articles/55a7796433e582c9ad4251074dae517e5c0c0f9d

関連しておもしろかったのが、現代ビジネスのこの記事。
たしかにどうしたらいいの?って思いますよね。

 

まず今回の発表について。

「アメリカCDC(疾病管理予防センター)、AAP(アメリカ小児科学会)では、すでに2歳未満のマスク着用について警告を公表しており、日本国内での情報周知が急務と考えた」

って、アメリカではすでに、幼児へのマスクの危険性を専門家がきちんと警告をだしていたんですね。

 

また世間の目もあって、なぜ赤ん坊にマスクをさせないのか?と言われそうでこわいとか。もう完全にただの人災ですよね。

それも不勉強で頭のおかしい人間の、無意味な言動におびえなければいけないとは・・・

 

 

マスクを着用する目的

そもそもマスクに効果があるとされる理由から考える必要があります。

 

厚生労働省「新型コロナウイルスとマスクの効果について」

  • 会話などでツバ(唾液)を介した飛沫感染を防ぐ
  • ウイルスが手を介して口や鼻に直接触れることを防ぐ

 

大前提としてマスクにはウイルスをブロックする効果がありません。

ただ、ツバなどはブロックできる。
なので、会話をするような場合は、ツバをブロックできるということです。

赤ちゃんくらいだと会話をしないので1点目に関してはマスクの意味がありません。

 

そして「ウイルスが手を介して口や鼻に直接触れることを防ぐ」というのは、ちょっとわかりにくいですね。

たとえばドアノブなどに新型コロナウイルスが付着していた。それを触って指についた。そして鼻がかゆいので掻いた。

 

通常ではこれでウイルスが鼻に付着してしまいます。でもマスクがあれば付着するのはマスクになる。これが感染予防になるということです。

赤ちゃんはドアを開けたりしないのでマスクの意味が無いということです。

これもツッコミどころは満載なのですが、厚労省側の意見としてもマスクでウイルスをブロックできるとは思っていない、ということです。

 

 

まとめ

科学的な根拠に基づいて効果があるか、意味があるかを考える必要があるだろう。

そのとおり、いい大人が「みんながやっているから」「テレビで言っているから」という理由で行動するのはやめましょう。

自分の頭で考える。

それができなければ考えてる人の話を理解できるまでよく聞くこと。

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • マスク論文の検閲?

  • カンボジアコロナ死者0達成!もちろんマスク不要!

  • 怖くて打てない・国産ワクチン開発の研究者

  • 安い牛肉でアップ!日本人のホルモン性依存がん

関連記事

  • 5人死亡!医学的には36度超えでも熱中症じゃない?

  • 航空機内のコロナ感染リスクは極めて低い

  • たった0.17%!!新コロの死亡率の低さが明らかに

  • 液体ミルクと母乳神話の残念な関係

  • 文科省のマスク見解は感染予防に根拠なし

  • 沖縄でもコロナ死者の水増し発生!