1. TOP
  2. 病気・症状
  3. 機能性ディスペプシア

機能性ディスペプシア

病気・症状
この記事は約 2 分で読めます。 760 Views
機能性ディスペプシア



機能性ディスペプシア(機能性胃腸症)とは、病気を疑うような不快な症状なのに、検査をしても原因がみつからない症状のこと。

以前の「慢性胃炎」、「神経性胃炎」、「胃下垂」、「胃アトニー」、「胃いけいれん」を総称することば。
と呼ばれていた症状。

病気によって胃もたれや胃痛などが起こるのは当たり前。
でも胃に起こる症状があるのに、病気の原因が見つからないのが特徴。

病気でないので治療のしようもないということです。
原因としては大きくストレスと言われていて、体内のバランスが崩れていたりして胃に症状が出ているだけ。

内視鏡検査を行うこともできるそうですが、そもそも原因がないので治療も難しいでしょう。
対症療法としては胃薬などしかないようです。

そう考えると、生活習慣でなんらかの問題があるわけなので、もっと根本的なところを改善すれば症状も治まるでしょうね。

 




\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

機能性ディスペプシア

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【悲報】いまさらながらマスクの無意味さを証明

  • ワクチンのアルミアジュバントと自閉症。

  • 前向きな気持ちはアレルギーを改善させる

  • マスク感染症

関連記事

  • 子宮頸がんワクチン(HPVウィルス)

  • マスク着用による身体への影響

  • PCR検査の前提を岩田健太郎さんに質問した結果

  • ワクチンのアルミアジュバントと自閉症。

  • 【悲報】ピンクリボン運動は乳がんの予防とは関係なかった

  • インフルエンザ大流行でも負けないのは免疫力