1. TOP
  2. 病気・症状
  3. インフルエンザが減ったのは感染症対策ではない・スウェーデン調査



インフルエンザが減ったのは感染症対策ではない・スウェーデン調査

病気・症状
この記事は約 2 分で読めます。 119 Views

スウェーデン調査によると、全体的にインフルエンザの流行もすくない。
でも感染対策うんぬんの影響ではないということですね。

 

これは非常に大きなニュース。結局、少なくとも感染症対策でインフルエンザが減ったわけではないことがほとんど間違いがない。頭が極端に悪いか、悪質な人間たちにだまされているだけなことが確定。ホント、大丈夫か?バカすぎる

インフルの減少の原因は不明だが、マスクの着用とは無関係であることが分かった。

 

私らの生活で考えれば・・・

調子が悪ければ外出を控えるようになった。
調子が悪いときに飲み歩くようなこともなくなった。

症状のある人が人と接触しなくなったので感染が減ったのかもしれませんね。
マスクは着用は逆効果ですし、感染症対策よりも、症状がある人は控えるってのが大切でしょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 悲しきコロナの後遺症・イオ君

  • マスクを義務化した世界の事実

  • コロナから子どもを守る方法・日本小児科学会の最新見解

  • 子どものマスク使用にはあらゆる副作用・ドイツ調査

関連記事

  • 骨粗鬆症

  • ポリオウイルスも感染するから免疫で予防できた!

  • ついに厚労省からもマスク着用の文字が消える・・・

  • HPVヒトパピローマウイルスの発癌性

  • コロナウイルスは人災!マスクも不要

  • PCR検査の前提を岩田健太郎さんに質問した結果