1. TOP
  2. 病気・症状
  3. N95マスク着用による健康被害

N95マスク着用による健康被害

病気・症状
この記事は約 2 分で読めます。 317 Views

N95マスクをした時の二酸化炭素濃度を測定だって。
【マスクの害】 がまた1つ増えました。

まぁ酸欠になるのもマスクでウイルスは防げないのは当たり前なので、個人の自由。そして気づいた人から外すのがマスクです。

 

  • 250~350ppm  通常の外の空気
  • 350~1000ppm 換気がよい屋内
  • 1000~2000ppm  少し眠くなる、あまり良くない空気
  • 2000~5000ppm 頭痛 眠気 注意力・集中力の低下 心拍数上昇 軽い吐き気
  • 5000ppm以上 中毒や酸欠の可能性

 

責任者不在の適当なブームで、自分や大切な人の健康状態を悪くさせないようにしましょう。

でもこれお年寄りなんかだと、マスク認知症とかになりそうで本気でこわいですね。

まぁでも梅雨明けにはマスク熱中症の大ブームでしょうけど。

 

 

 

N95を着用する人はいないでしょうけど、みんなが普通にしているサージカルマスクでの効果もしりたいですよね。

あ、効果と言ってもウイルスには効果ないですから。

 

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • マスクは2時間でウイルス予防どころか感染源になる

  • アルゼンチン4/14~のマスク義務化の効果なし

  • 現場の医師は手術でもノーマスク♪

  • コーシャマーク

関連記事

  • インフルエンザ予防接種は必要?副作用が危険?

  • ワクチンのアルミアジュバントと自閉症。

  • マスクの害がまた証明。カビ菌にバクテリアを増殖

  • 湿潤療法なら、傷口もきれいに早く治る

  • マスクはカビ菌発生装置でメリットなし

  • ALS(筋萎縮性側索硬化症)