1. TOP
  2. 病気・症状
  3. 抗がん剤を使うとガンになる。アメリカ国立がん研究所

抗がん剤を使うとガンになる。アメリカ国立がん研究所

病気・症状
この記事は約 3 分で読めます。 71 Views
https://www.nurse.or.jp/nursing/shuroanzen/safety/koganzai/index.html

米国NCI所長が証言

17年前、NCIのデヴィタ所長は、数千ページの報告書『ガンの病因学』を提出、米国議会で「”アンチ・ドラッグ・ジーンADG(反抗ガン剤遺伝子)”の働きで、抗ガン剤の効き目を打ち消してしまうことがわかった。抗ガン剤で他の臓器などに新たなガンを発生させる増ガン剤でしかない」と証言したというのだ。

この報告書は続く。「15万人の抗ガン剤治療を受けた患者を調べたところ、肺ガン、乳ガン、卵巣ガン、ホジキン病などで、抗ガン剤治療を受けると、膀胱ガンが増え、白血病の場合は、肺ガンが増え、卵巣ガンなどでは大腸ガンが増えていました」というのだ。

 

 

でもこれ、あくまで書籍からの話。

そこで思い出したのがツイッターで看護師が投稿していた、「抗がん剤を扱うときは暴露に注意する」というもの。

抗がん剤は危険だから、肌にも触れないように細心の注意を払うということですね。

をいをいをい、それを弱った患者の体内に入れるんだぞ・・・

 

これも個人の話だから・・・
と、日本看護協会のページをチェックしてみた。

するとありました。

 

抗がん剤に対するばく露防止対策

https://www.nurse.or.jp/nursing/shuroanzen/safety/koganzai/index.html

 

HDの職業性ばく露は、急性・短期間の反応だけでなく、長期的な影響とも関連しており、催奇形性、発がん性が証明されている抗がん剤も多くあります。

「発がん性が証明」と普通に書いてある。

 

しかも付着だけじゃなく、エアロゾル(気化状態)も危険だと。

https://www.nurse.or.jp/nursing/shuroanzen/safety/koganzai/images/fig-01-b.jpg

 

なんかの通知のタイトルに「発がん性」って入ってるし・・・

「発がん性等を有する化学物質を含有する抗がん剤等に対するばく露防止対策について」(基案化発0529第1号)[PDF746KB]PDFリンク

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

https://www.nurse.or.jp/nursing/shuroanzen/safety/koganzai/index.html

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • CoVFeFe

  • マスク論文の検閲?

  • カンボジアコロナ死者0達成!もちろんマスク不要!

  • 怖くて打てない・国産ワクチン開発の研究者

関連記事

  • コロナ被害を水増しの手口は死にそうな人を見つけてPCR検査♪

  • PCR検査での風邪のウイルス

  • マスク着用はウイルスの感染を拡大させる

  • ワクチンと病気

  • 血糖値スパイク(グルコーススパイク)の予防と対策

  • 湿潤療法なら、傷口もきれいに早く治る