1. TOP
  2. IT
  3. ワクチンが伝染病を終息させた根拠なし



ワクチンが伝染病を終息させた根拠なし

IT
この記事は約 3 分で読めます。 200 Views

さて、21日~Twitterではワクチンの真実を語ると削除するとルール変更されるとのことです。
もう納得させるだけの根拠がなく、議論すらを禁止にする。

危険性がデマ、安全性が本当ならそれを出せばいいだけなのにね♪
そうしないと接種してくれるおめでたい人が足りなくなるんでしょうね。

根拠がない、意図があるからルール化する必要があるわけです。

あれ、だったらワクチンを打った方が良いな。
そう思える理由や事実が無いことの、なによりの証拠でしょうね。

 

「ワクチンが、世界中に蔓延していた伝染病を終息させた」と医療関係者をふくめ、多くの人々は信じてますが、その根拠はありません。

なぜなら、20世紀以前に猛威をふるっていた天然痘、はしかなどの伝染病の多くは、住環境や衛生環境の向上によって駆逐されたとする統計が出ているからです。

ワクチン接種が世界的に実施される前に、その大流行はすでに終息していたのです。

むしろ、天然痘、ジフテリア、はしかなどについては、ワクチンが感染を復活させ、拡大させたとする統計が出ています。
例えば、1950年代以降、アメリカにおいて根絶しつつあった小児麻痺は、ポリオワクチンによって、再び症例が増加しました。

米・疾病管理センター(CDC)も近年になって、生ワクチンが小児麻痺の最も有力な原因になっていることを認めています。

CDCの統計によると、1973年からの10年間の小児麻痺の全症例の87%はワクチンが原因でした。

1980年からの10年間では、アメリカ国内の全ての小児麻痺はワクチンによって引き起こされています。

 

1876年、ジェームズ・ウィルキンソン博士は、「ワクチン接種は、まさに狂気の沙汰と言うしかない。
これは、純粋な殺人である。」と断言しています。

また1899年には、アルフレッド・ワレス教授は、その著書『素晴らしい世紀』の中で、「ワクチンに効果があるというのは、幻想だ。それを法的に強制することは犯罪である。」と述べています。

1920 年に発行されたチャズ・ M ・ヒギンズ著の『ワクチンの恐怖』-大統領に宛てた陸軍・海軍内の強制ワクチン接種の廃止嘆願書-の中で、ニューヨーク市民の死亡診断書を15年間にわたり入念に調査し、天然痘の死亡者数よりも、天然痘ワクチン接種による死亡者数の方が毎年桁違いに多いことを発見しました。

そして、一般市民や兵士に対するワクチン接種の法的強制をただちに廃止するよう政府によびかけています。

また、このような統計を当時の 医療関係者がすべてよく知ったうえで、意図的に隠蔽し、一般市民に知らせないままワクチンの接種を続けている事実を非難しています。

それは、現在でもまったく同じ状況です。

 

ワクチン接種の前に知っておくこと・・・
【無料メールマガジンの登録はこちら】

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • ワクチンが重い疾患や死を完全には予防できない

  • マスクが感染を拡大させる理由になっとく!

  • 【実録】コロナワクチン接種の24歳の看護師さんによる副反応の体験談!

  • 子どももマスクで健康を失わないために・・・

関連記事

  • ケータイをたった30分で脳腫瘍になる率は2倍以上!

  • コロナとスペイン風邪

  • PCR検査とコンタクトトレーシング

  • CoVFeFe