1. TOP
  2. 病気・症状
  3. コロナワクチンの犠牲になった看護師



コロナワクチンの犠牲になった看護師

病気・症状
この記事は約 2 分で読めます。 145 Views

ワクチン信者など、どうでもいい。
この世に生を受けながら、そんなもので個図解稼ぎをしなければ生活できない存在だろう。

問題は彼女自身。
なんとか解毒できる方法を見つけて欲しい。

 

ワクチンなんぞに依存する人間には、未来のある人の分間dえ接種したほうがいい。
少しは世の中の役に立つ最後も悪くないだろう。

さすがにもうワクチンを勧める医者はいないだろうが、もしいるとしたらそいつに処分させるのが最善の策だろう。

 

彼女の名前は、Khalila Mitchellという。彼女は、ナッシュビルの看護師である。ワクチンを接種した後、彼女は、Bell’s palsyという病気に罹患した。Bell’s palsyは、顔面の筋肉を麻痺させる。コロナのワクチンは、Khalila の人生を台無しにした。これはワクチン信者が見たくない真実だ。

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • コロナ茶番で加速する高齢者の認知症と死亡リスク

  • 悲しきコロナの後遺症・イオ君

  • マスクを義務化した世界の事実

  • コロナから子どもを守る方法・日本小児科学会の最新見解

関連記事

  • マスクが感染を拡大させるのはウイルスの残存期間が延びるから

  • コロナを真に受けて騙されないための知恵・2020年12月版

  • もうワクチンはやめなさい・母里啓子さんの助言

  • コロナの検査拡充は必要?不要?PCR検査のトリックの

  • 【悲報】マスク手洗いに感染予防の効果なし

  • 新型コロナウイルス以外にも反応するPCR検査キット