1. TOP
  2. 病気・症状
  3. マスクの残念な効果と失う健康・バンクーバーの医師



マスクの残念な効果と失う健康・バンクーバーの医師

さすがにもう、マスクでウイルスの感染予防をできると考える人はもういないでしょう。

でも最近、「あれ、日本はみんなマスクしてるのに感染拡大・・・ マスクに効果ないじゃん!と気づいた人もいるでしょう。

 

今回の医師はバンクーバーのお医者さんだそうです。

マスクの目はウイルスをブロックできず、飛沫によって分解されなかったウイルスが体内に増え、肺炎を起こす。

 

さらに呼吸のさまたげ、メンタルヘルスへの悪影響、心理面にも悪影響を及ぼすとデメリット満載。

テレビに騙されて病気を招く。
そんなハズレ人生を送らないようにしたいですね。

 

ステフェン・モルトハウス(バンクーバー医師):マスクの弊害
翻訳:リーシャ

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • コロナワクチンで集団感染!リトアニアの医師

  • コロナ無視のベラルーシでもインフルエンザ激減

  • 店内での飲食禁止をしたカリフォルニアは?

  • ドイツで医療用マスクを義務化!感染を防ぐマスク着用は難しい

関連記事

  • もうワクチンはやめなさい・母里啓子さんの助言

  • コロナ第三波というデマを作る3つのポイント

  • メキシコ、コロナ対策にマスクは不要という科学に基づく判断

  • 白髪の原因

  • コロナは死者の多いインフルをウイルス干渉でブロック!

  • ALS(筋萎縮性側索硬化症)