1. TOP
  2. 病気・症状
  3. ワクチンによる処刑を免れる方法



ワクチンによる処刑を免れる方法

病気・症状
この記事は約 3 分で読めます。 611 Views

新型コロナウイルス対策としてのワクチン。
もちろん接種したい人は接種すればいいけづし、拒否したい人は拒否すれば良い。

でも、断れないような状況にハメられても諦めないで。
処刑を免れる方法があります。

 

コロナの経過でもわかるように、分科会や医師会をはじめとする利権や補助金などの絡みで患者はカネの成る木と割り切る医療関係者も少なくありません。

まともな医者なら推奨はしませんので、商売目的ではない医師を見つけることも大切ですね。

 

武漢のように突然倒れる死者が出るぞ出るぞ!と未だに突然に亡くなるようなことがないコロナ。
そんなただの風邪を避けるためのワクチンですから、しっかりと効果と安全性を考えましょう。

 

 

国外在住の方から、【ワクチン打ちたくない人へ】
ワクチン接種を強要される可能性がある人は、必読!

●正当に断る方法を伝授頂きました!
様々な環境で働く方が多いと思いますがもし職場で半強制的にワクチン投与されそうな場合是非こちらを活用して身を護ってください。

①ワクチンの成分を聞く‼️
☆MRCー5が入っていますか❓と聞く
MRCー5とは、全てのワクチンに含まれている物で 何と死亡した胎児の細胞です。【流産し死亡した胎児の細胞&DNAの事を指し、この事を確認することにより断る権利が生じます。】
※また医師が必ず入っていますと言う

②催吐性反応を聞く‼️
→これは有害反応《薬害&副作用の事です》
副作用がありますと医師が話したらその瞬間に《打たなくて💉よいことになります》
万が一でも副作用の可能性があるならば断れます

③ヒポクラテスの誓いを聞く‼️
全ての医者はヒポクラテスの誓いの宣誓をしています
→ヒポクラテスの誓いとは……医者が患者に害を及ぼす事は絶対にありませんと宣誓をしています。

まとめ
① MRCー5が入っているか確認
② 万が一でも副作用の有無について確認
③ ヒポクラテスの誓いを確認
上記を必ず確認し、万が一でも副作用が出る可能性を医師が認めた場合、その医療行為に対して、私達にはワクチン接種を断る権利が生じます。

この①②③は専門用語です。
この事を確実に医師に伝える事により争い事無く静かに退室出来ます。
診断書と法的解決文書を交付します。診察は必須です。

ワクチン接種の前に知っておくこと・・・
【無料メールマガジンの登録はこちら】

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【悲報】新規感染者の84%がコロナワクチン接種者

  • あなたはどっち?コロナに感染VSワクチン接種

  • スウェーデンでもコロナワクチン接種の効果は残念な結果に

  • mRNAワクチン発明者、強制接種に反対

関連記事

  • マスクの効果をシミュレーション映像で理解しよう!

  • コロナに対するイラクの専門家のKetuly教授の見解

  • Googleでもコロナはただの風邪、か・・・

  • 医師が激白!コロナが死因じゃなくてもコロナ死にカウント!

  • コロナ死を呼び寄せるジャンクフードの食生活

  • ECDCはマスクを特に推奨しない