1. TOP
  2. 健康ニュース
  3. コロナワクチン接種者は診察も拒否!



コロナワクチン接種者は診察も拒否!

健康ニュース
この記事は約 7 分で読めます。 487 Views

コロナワクチンは人口削減計画なんて菅総理が言っちゃいましたが、その恐ろしい効果がワクチン接種者に怒っているようですね。
打ったら終わり。逃げるが最善かもしれませんね。

こういうのもご縁。情報を探すことができるかどうかは、人生の集大成。
探せなくても仲間に危機を教えてもらえるかどうかは、人生の歩み方。

そいういう話になりそうですね。

 

Covid-19ワクチン接種を受けた患者の受け入れを拒否する医師 Ethan Huff – さてはてメモ帳 Imagine & Think!

今後は広がるでしょう。

https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/7c94e03a8fdeac3eb7816dee66190683

 

 

最近急に「接種した人から何か出るから近づいちゃダメ」って聞くようになった…保留してたけどメーカー文書にもあるみたい🙄今後問題化するかも😖

クリックしてC4591001_Clinical_Protocol_Nov2020.pdfにアクセス


>P_fi3er文書。非接種者は吸入または皮膚接触によって接種者のスパイクタンパク質にさらされる可能性がある??? !!! p.67

https://www.facebook.com/groups/2977030245908124/permalink/2984245931853222/

 

https://www.facebook.com/groups/2977030245908124/permalink/2984245931853222/

 

 

真実の泉 – ディスクロージャー/惑賃の危険性☆米国看護師が告発

・うった人本人ではなく、周りの人々に問題が起きている

・ある産婦人科の医者はうった人を通院させないと掲示した。妊婦に悪影響を及ぼし死産や流産する可能性があるから。不妊になる可能性も高まる。

 

『新型コロナ遺伝子ワクチン接種者から何かが出ている?』

フロリダのマイアミのプライベートスクール(私立の学校)の共同経営者が、生徒の両親に出した通知(letter)が、ニューヨークタイムズなどのメインストリームのメディアで大炎上しています(『A private school in Miami, citing false claims, bars vaccinated teachers from contact with students.』NYT, April 26, 2021)。

メディアが慌てて袋叩きにしている通知の内容とは。。。。。(https://centneracademy.myschoolapp.com/…/default.aspx…)

まだ研究論文では報告されていないがという前置きの後に、
「新型コロナ遺伝子ワクチン接種者の近くにいることで、女性であれば、月経異常、月経過多、流産、更年期後の月経出血、無月経などが引き起こされている例が出ている。

これは新型コロナ遺伝子ワクチン接種者から放出された何かに感染した可能性がある。
まだ、遺伝子ワクチンの中長期的な副作用のデータがない現在では、生徒へのリスクを予防するために、新型コロナ遺伝子ワクチン接種した教師は生徒に近づかないように対策を講じることにした。」
というものです。

まだ臨床試験中であり、今まで大規模の人体実験をしたことのないナノ粒子(遺伝子)の注射ですから、これから何が起こるかの中長期のデータは皆無です。

現在、血栓、ショック、ベル麻痺、脳卒中、心筋炎などと一部の副作用がリークされていますが、これはあくまでも短期の有害事象にすぎません。
「現在の不確定な状況における予防策」としては至極真っ当な判断(生徒に良心的)ですが、これを権力者の所有物であるメインストリームのメディアは血相を変えて「ミスインフォメーション」と騒ぎ立てています。

しかし、新型コロナ感染そのもので、月経異常が出ることは報告されています(Analysis of sex hormones and menstruation in COVID-19 women of child-bearing age, Reprod Biomed Online. 2021 Jan; 42(1): 260–267)。

そして、新型コロナ遺伝子ワクチン接種後にも月経異常が出ることは、ニューヨークタイムズ誌の「Opinion」欄に記事となって出ているくらいです(『No, We Don’t Know if Vaccines Change Your Period』 NYT, April 20, 2021)。

すでに拙著『ワクチンの真実』や『ウイルスは存在しない』下巻で、ワクチン接種者から感染するエビデンスをお伝えしました。

遺伝子を含む得体の知れない(ワクチンの全成分は公開されていない)ナノ粒子の液体を注射する訳ですから、当然デトックスするためにエクソソームを放出します。

また、この遺伝子ワクチンのデザイン通りに体に反応が起きた場合でも、新型コロナのスパイクタンパク質は強い炎症性物質(毒物)なので、これを排出しようとするのは当然です。

この強い炎症を引き起こすスパイクタンパク質や遺伝子がエクソソームから放出されれば、それを吸い込んで処理できない女性に月経異常が出ても不思議ではありません。

リアルサイエンスで俯瞰できれば、陰謀論は必要ありません(^_−)−☆。
新型コロナ遺伝子ワクチン接種者の血液中などのエクソソームや遺伝子の破片(miRNAなど)の大規模調査を行えば、興味深いことが分かるでしょう(^_−)−☆。

 

 

「感染症のように広がっていくワクチン」を開発中だそうな。

出資者はゲイツ

Scientists are working on vaccines that spread like a disease. What could possibly go wrong?

 

科学者たちは、病気のように広がるワクチンに取り組んでいます。何がうまくいかない可能性がありますか?

https://thebulletin.org/2020/09/scientists-are-working-on-vaccines-that-spread-like-a-disease-what-could-possibly-go-wrong/

 

新型コロナワクチンの接種は、十分な勉強が必要ですね。

 

ワクチン接種の前に知っておくこと・・・
【無料メールマガジンの登録はこちら】

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • コロナワクチン患者副作用報告先

  • 新型コロナワクチンの安全性が確認されている?

  • ウイルスより悲惨なコロナワクチンの副作用・WHO発表

  • コロナワクチン副反応一覧・アメリカCDC

関連記事

  • コロナのアホらしさをバッサリと切り捨てるロジャー・ホディキンソン博士

  • インフルエンザワクチン接種後の死亡申告は104件

  • 健康な46歳男性もコロナワクチン接種で死亡

  • ドイツのマスク着用義務化でわかった、大切な子どもにマスクをしてはならない理由!

  • 感染研所長・脇田氏「新型コロナのワクチンの予防効果は不明」

  • コロナワクチンがリスクのない人も対象なのは人口削減?