本ページはアフィリエイト広告・プロモーションが含まれています

被害報告が相次いだ子宮頸がんワクチンのエジキに・・・

健康ニュース
悲劇が再び訪れるか。 接種後に全身の痛みやけいれんを訴える被害報告が相次ぎ同6月、接種の「積極的勧奨」を中止せざるを得なかった強毒ワクチン。 国民がワクチンの危険性に気づいただけに、なんとかまだ気づかないカモをターゲットにする必要があるんでしょうね。  
独自の「後追い接種」開始、青森 子宮頸がんワク 年齢対象外となった市民に、独自措置として時限付きのキャッチアップ(後追い)接種を始めた 接種後に全身の痛みやけいれんを訴える被害報告が相次ぎ接種の「積極的勧奨」を中止した。
  独自の「後追い接種」開始、青森 子宮頸がん予防ワクチン
Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
子宮頸がんは若い女性に多く、厚生労働省によると、国内で年間約3千人が死亡。小学6年から高校1年に当たる女子を対象に、国は2013年4月から公費による原則無料の定期接種を始めた。 ところが、接種後に全身の痛みやけいれんを訴える被害報告が相次ぎ同6月、接種の「積極的勧奨」を中止した。