1. TOP
  2. 健康ニュース
  3. コロナワクチンのスパイクプロテインは毒素!



コロナワクチンのスパイクプロテインは毒素!

健康ニュース
この記事は約 5 分で読めます。 2,202 Views

ぞくぞくとワクチンの隠されていた危険性がが、どんどん暴露されていますね。
何か大きな動きがあったのでしょうか。
それでもテレビが情報源の人はわからないのでしょうが。

考えると助かって欲しいと思いますが、打っちゃう人は接種する運命にあったと割り切ることも必要かもしれませんね。
人の人生に関与するのは、責任も伴いますし。

 

「日本の当局から流出した」というファイザー社の動物試験「非公開」文書

SARS-CoV-2 mRNA Vaccine (BNT162, PF-07302048) 2.6.4 薬物動態試験の概要文

【重要動画】スパイクプロテインは毒素 血液中に入る
Dr Byram Bridle 5/27
https://rumble.com/vhxju3–dr-byram-bridle-covid-19-vaccines-20210527.html
mRNA◯クチン開発者「私たちは間違いを犯しました。あれは単に毒素です」
研究者たちがそれを知ったのは「日本から流出した」ファイザー社の動物試験極秘文書より
https://indeep.jp/we-made-a-mistake-says-the-developer-of-the-mrna-corona-vaccine/

 

どうなんだろうか?🤔

日本で行われた査読付きの研究を引用した博士によると、「彼らは間違いを犯した。スパイクタンパクは素晴らしい標的抗原だと思っていたが、毒素であり、体内の多くの器官に移動して深刻なダメージを与えることがわかった」という。
https://pmda.go.jp/drugs/2021/P20210212001/672212000_30300AMX00231_I100_1.pdf#page11

 

COVID Vax の医師: 「私たちはねじ込みました。スパイク プロテインが毒素であることを認識していませんでした」 これは、ワクチン接種を受けた全員が自分の体内で独自のスパイク プロテイン 毒素を製造していることを意味しますか?

https://note.com/akaihiguma/n/n32836ebe0478

「PFIZER-BIONTECH COVID-19 ワクチンに関する事実」

ファイザーのHPには堂々と

「SARS-CoV-2 のスパイクタンパク質と胎盤タンパク質のアミノ酸配列が共有されているため、COVID-19 ワクチンが不妊症を引き起こすことが示唆されています。」

と書いてある。堂々と…💢😎🔥
https://pfizer.com/news/hot-topics/the_facts_about_pfizer_and_biontech_s_covid_19_vaccine?s=09

 

コロナワクチン開発者Byram Bridle氏の後悔

マジでヤバすぎる!!(>_<)

 

https://note.com/nakamuraclinic/n/ne0eb76f4640a

スパイクタンパクはすばらしい標的抗原だと考えていたんです。でも、我々は知りませんでした。スパイクタンパクそれ自身が毒物であることを。また、スパイクタンパクそれ自身が病原性タンパクであることを。つまり、人々にワクチンを接種するということは、毒物を接種していることに他なりません。

 

 

ワクチン接種の前に知っておくこと・・・
【無料メールマガジンの登録はこちら】

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • ワクチン接種で感染クラスター!さらにリスクどーん!

  • 3日で4万5千人のワクチン死を隠蔽!弁護士が米国連邦政府を提訴!

  • 愛知でもコロナワクチン2回接種でコロナ死!

  • 陽性率が26%増加!コロナワクチンの現状を報告するウエストバージニア州知事

関連記事

  • コロナ対策、過度な消毒は不要なことが明らかに

  • PCR検査のインチキが加速!ワクチン接種でCt値ボーナスw

  • pfizer社のワクチン、高齢者には中和抗が確認できない例も

  • 7州でハッキリ!感染症対策の強弱によるコロナ被害の結果は?

  • コロナワクチン接種しても変異ウイルスには効果は期待できず

  • マスクが不要なのは厚労省へ確認すればわかります