1. TOP
  2. 健康ニュース
  3. やるね韓国!コロナワクチンの副反応を公式に認める!



やるね韓国!コロナワクチンの副反応を公式に認める!

やるね!といっても、20代のコロナリスクのない若者が犠牲者です。
それでも日本では今まで一切の因果関係は不明、副反応、有害事象の報告すら怠る医師、報告を却下しまくる厚労省。

韓国ではこれを機会に、コロナワクチン接種による犠牲者が減るといいですね。
コロナなんてただの風邪、健康な人はほぼ無症状で感染したところで寝てれば勝手に治る病気ですからね。

 

 

20代男性が心筋炎で死亡、ファイザーワクチン接種との因果性を初めて認める(韓国)

 

20代男性が心筋炎で死亡、ファイザーワクチン接種との因果性を初めて認める=韓国
https://news.yahoo.co.jp/articles/68b0d9dd6a96a3fbd5b1029147529da6761bd3b8

韓国政府は、ファイザー社の新型コロナワクチンを接種し、心筋炎で死亡した20代男性の事例に対し、接種の因果性を初めて公式に認めた。

20代男性は死亡した後、解剖で心臓の筋肉に炎症が生じる心筋炎の判定を受けた。この男性は先月7日、ファイザーワクチンの1次接種を受け、6日が過ぎた13日の午前1時ごろ、胸の痛みや体調の低下が起こった。

 

 

ヤフコメ

因果関係不明とされていますが接種後に日本で700人も亡くなっているワクチンです。
アメリカでは1万人を超えています。
打つ、打たないに関わらず自然に亡くなる命もあったかもしれませんが、接種直後に亡くなった方、24時間以内に亡くなった方、1週間以内に亡くなった方、20代、30代の方、全員、接種前の問診で打つのに問題ないとされた方たちです。
ほんとうに因果関係はないでしょうか?
打ちますか?打ちませんか?ではなく、治験に参加しますか?しませんか?です。
フランスではワクチンやワクチンパスポートの反対を掲げる数万人規模のデモもありました。
日本では一切報じられません。
ワクチンのデメリットに関する情報を伝えない理由はなんでしょう??
デマも極端な情報もあると思います。
ほんとうによく考えて、よく調べてもらいたいです。
個人的には子どもや若年層の方へのワクチン接種はやめてほしいと願います。

 

mRNAワクチン接種後に作られるスパイクタンパク質が血管障害を引き起こすと言われていますので、短期よりも長期での副反応の方が気がかりです。

 

こうして亡くならなくても良い命がなくなってしまう、コロナ、そしてワクチン怖いですね。
まだ私は打っていませんがこの先何年後かに副作用が出てきそうでさらに怖いです。

 

私はずっと言い続けています。こんなワクチン接種ありきの風潮はおかしいと。
もう皆気づいてるのでは?
これは接種ではなく治験ですよ、誰かも言ってますけど。
多くの人が、「接種するのはその人の判断」と言うのですが、これって正しいのでしょうか。
明らかに打つべきものではないですよ、アメリカでさえ接種率50%じゃないですか。
いい加減目を覚ましてほしいもんです。
コロナ対策がワクチンしかないという考えもおかしい。

 

私は正直ワクチンが怖い。別に変なデマを信じてるわけではないしワクチンの効果も分かってる、その上でそれでもやっぱり怖いと思ってしまう。
私に順番が回ってくるのはまだまだ先だけれど、このまま打たなかった場合、ワクチンを打った人に比べて多少自由が制限されるのは仕方ないと思う。
ただせめてワクチンを打たない人を打った人が敵視するみたいな空気はやめてほしい…もちろん逆も然りだけど。

 

 

ワクチン接種の前に知っておくこと・・・
【無料メールマガジンの登録はこちら】

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【CDC公式】コロナワクチン副反応が大爆発中!

  • ワクチン接種で感染クラスター!さらにリスクどーん!

  • 3日で4万5千人のワクチン死を隠蔽!弁護士が米国連邦政府を提訴!

  • 愛知でもコロナワクチン2回接種でコロナ死!

関連記事

  • コロナワクチンの恐ろしさ

  • 私は、ワクチンを打ったことを後悔しています。

  • 心筋炎が3000倍!コロナワクチン接種後に起きる悲劇・・・

  • マスクの実験にはプラセボすらない不思議

  • ワクチンを接種した33歳、接種していない人を罵倒するも接種14週間後に死亡

  • 改めてコロナの重症化を防ぐ方法はビタミンD!