1. TOP
  2. 健康ニュース
  3. 3回目接種で35人に1人が心臓に問題、長期的リスクも懸念



3回目接種で35人に1人が心臓に問題、長期的リスクも懸念

3回目接種で35人に1人が心臓に問題、長期的リスクも懸念

3回目接種で35人に1人が心臓に問題、長期的リスクも懸念

マッカロー博士によると3回目接種でハイリスク。
35人に1人の割合で心臓に問題を発見。
長期的なリスクも懸念され、シェディングも確認。

何から何まで不幸の塊、コロナワクチン。
接種により周りにまで病気をまき散らす存在になるとは・・・

 

 

mRNAワクチン接種後の心筋トロポニン上昇について、マッカロー博士がコメント
スイスの研究チームは、3回目のコロナワクチンを接種した人の35人に1人が心臓に問題を抱えていることを発見した。
#新型コロナワクチン #心臓損傷 #心筋トロポニン #瘢痕 #突然死

 

 

 

 

ピーター・マッカロー博士はHighwireのインタビューを受け、コロナワクチンのmRNAがいつ体内から排出されるのかわからないと語った。研究により、スパイクタンパク質は母乳、血液、口腔分泌物、汗、あらゆる場所に存在している。これまでのところ、スパイクタンパク質を体内から排出できることを示す…

 

 

 

 

コロナワクチンの(殺人兵器としての)優れた部分は「その死因の根本部分がわからないような時間の経過の後」
徐々に免疫を破壊された人間に、その後の数年、十数年で「何がか起きる」

ピーター・マッカロー博士の「目的が世界の人口を減らすことだった場合、それは機能しています」は、これからだ!

 

 

 

ピーター・A・マッカロー博士「mRNAが接種者から非接種者に伝播している」

 

 

📢ピーター・マッカロー博士

【衝撃】
~mRNAワクチンを採用・開発していたのは米軍~

「2012年、軍の研究部門であるDARPAが開始」

「RNAやDNAをベースにした遺伝子コード化ワクチンを使おうと提案」

「60日以内にパンデミックを阻止」

「2012年から取り組んでいた」

 

 

 

 

 

 

ワクチン接種の前に知っておくこと・・・
【無料メールマガジンの登録はこちら】

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

3回目接種で35人に1人が心臓に問題、長期的リスクも懸念

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 3回目接種で35人に1人が心臓に問題、長期的リスクも懸念

  • 志垣太郎さんもワクチンの犠牲か? 接種は不明も体調急変から定番の副反応「心不全」

  • 解剖で証明!突然死はコロナワクチンが原因・ドイツ心臓学会の機関誌

  • 97.3%コロナワクチン接種率のオーストラリアでワクチン被害大爆発中

関連記事

  • ファイザーは知っていた!コロナワクチンで人は死ぬ

  • コロナワクチン接種後に神経障害を発症を知っていた・FDA

  • マスクはウイルスに無力でも深刻な障害の原因になることが続々明らかに!

  • コロナワクチン接種者は感染源になる・ファイザー内部告発

  • 68才小林幸子さんコロナからあっさり回復

  • コロナワクチン31%が接種したバーレーンの現実