PR

ワクチンで9人に死亡を愛媛県が公表

健康ニュース

ワクチンで9人に死亡を愛媛県が公表

もう隠しきれないコロナワクチンの薬害被害。
愛媛県が初めて9人の死亡を含めた接種被害を公表へ。

政府やマスコミが隠し通した戦後最悪の薬害事件。
どんどん明るみにでるので、接種被害者は救済申請を。

 

そしてコロナがやばい、感染対策が重要、ワクチンに効果がある。
このようなデマに騙された人、故意に虚偽情報を拡散させた人。

今後は詐欺師連中に荷担することなく、正直者として人生を歩みましょう。
結果として健康な一生を送れるでしょう。

 

これは小林製薬の紅麹サプリのように、飲んでない人も被害者カウントではありません。
接種し、専門家が因果関係を調査し認定したものです。

 

 

愛媛県内9人に死亡

新型コロナワクチンの健康被害、愛媛県内9人に死亡一時金 県が初公表

新型コロナワクチンの健康被害、愛媛県内9人に死亡一時金 県が初公表(愛媛新聞ONLINE) - Yahoo!ニュース
新型コロナウイルスワクチンの接種後に健康被害が出たとして、愛媛県内の61人が国の救済制度に基づく医療費などの給付対象に認定されていたことが8日、県のまとめで分かった。このうち、接種後に死亡した9人

新型コロナウイルスワクチンの接種後に健康被害が出たとして、愛媛県内の61人が国の救済制度に基づく医療費などの給付対象に認定されていたことが8日、県のまとめで分かった。このうち、接種後に死亡した9人には死亡一時金が支払われていた。

 

 

ワクチン接種と被害に関する意見まとめ

この意見は、新型コロナウイルスワクチンの接種による被害とその隠蔽疑惑、そして政府やメディアへの不信感を表明するものです。

1. ワクチンによる被害の実態

  • ワクチン接種後に、体調不良、免疫不全、突然死など、様々な健康被害が発生しているという訴えが多数存在する。
  • 救急車のサイレンが鳴り止まない、身近な人が原因不明の体調不良や病気になっているなど、医療現場の逼迫と人々の健康状態悪化を目の当たりにしている。
  • ワクチン接種後の超過死亡者数が異常なほど増加しており、広島・長崎への原爆投下以上の被害が出ているという指摘がある。
  • ワクチン接種後の死亡一時金の申請手続きは非常に複雑で、実際に申請に至るケースはごくわずかであるため、実際の被害者数は公表されているよりもはるかに多いと推測される。

2. ワクチン被害に関する情報統制疑惑

  • これだけの被害が出ているにも関わらず、メディアはほとんど報道せず、真実が隠蔽されているという疑念が強い。
  • 愛媛県でのワクチン被害に関する講演会が開催から1年以上経過して報道されたことに対しても、意図的な情報操作の疑念が持たれている。
  • ワクチン接種による健康被害救済制度の認定者は増加しているにも関わらず、政府や厚生労働省はワクチンの安全性を主張し続けていることに対する批判がある。

3. ワクチン接種の有効性に対する疑問

  • 日本では世界と比較してワクチン接種率が極めて高いにも関わらず、コロナウイルスの感染拡大は収束していない。
  • 集団免疫の獲得による感染収束という当初の政府の主張は実現しておらず、ワクチン接種の効果に疑問が呈されている。
  • ワクチン接種による後遺症のリスクや、自然免疫で十分な抗体を獲得できる可能性も指摘されている。

4. 政府の責任と国民への裏切り行為

  • 政府はワクチン接種のリスクを認識しながらも、国民に接種を推奨し続けてきた可能性が指摘されている。
  • ワクチン接種は個人の判断に任せるべきであり、政府や周囲からの圧力によって接種を強制されるべきではないという意見がある。
  • ワクチン接種による被害が明らかになっても、政府は責任を認めず、国民に責任を転嫁しようとしているという批判がある。

5. メディアや周囲の人々に対する批判

  • メディアは政府の意向に忖度し、ワクチン被害の真実を報道しようとしないという批判がある。
  • ワクチン接種を推奨し、未接種者に圧力をかけるような風潮や同調圧力に対する批判がある。

6. 今後の展望

  • ワクチン接種による健康被害の真相を究明し、被害者に対する適切な救済を求める声が高まっている。
  • 今後、ワクチン接種による被害がさらに増加することが懸念されており、早急な対策が必要とされている。

7. その他

  • mRNAワクチンを用いた大規模な臨床試験の結果、早期のワクチン開発にはリスクが伴うことが明らかになったという指摘がある。
  • 今後、mRNAワクチンは難病治療などを中心に、慎重に開発を進めていくべきだという意見がある。

この意見は、ワクチン接種による被害の実態と、それを取り巻く様々な問題点に対する強い危機感と怒りを表明するものです。政府、メディア、そして私たち一人ひとりがこの問題に向き合い、真相究明と被害者への救済、そして未来へ向けた教訓を得ることが求められています。