本ページはアフィリエイト広告・プロモーションが含まれています

世界2位プロゴルファーワクチン接種後に血栓で緊急治療

健康ニュース

世界2位プロゴルファーワクチン接種後に血栓で緊急治療

アスリートを次々と遅うmRNAコロナワクチン。
世界2位のプロゴルファーのネリー・コルダさんも血栓で入院。
東京オリンピックのタイミングとのこと・・・

ただ回復事例でも出てきているので、治療法もあるのでしょう。
回復をお祈りいたします。

 

 

Nellie Kordaさんは、世界第2位のゴルフプレイヤーだが、現在、深刻な血栓で苦しんでいる。

ゴルフ情報誌によれば、彼女は、東京オリンピックによる接種圧力下でワクチンを打つようになった

東京オリンピックは、世界のトップスポーツ選手にワクチンを打たせるために利用され、大きな傷跡を残した。

 

 

世界第2位ゴルファーで2020年東京夏季オリンピック金メダリストのネリー・コルダ(23歳)が血栓と診断され、フロリダの自宅で療養していることを発表
https://thegatewaypundit.com/2022/03/worlds-no-2-ranked-golfer-olympic-gold-medalist-nelly-korda-diagnosed-blood-clots/
血栓の原因はまだ不明で、それ以上の情報は発表されていない
コルダはオリンピックを前にワクチンを受けたと伝えられている

 

 

🇺🇲ゴルファー世界2位のネリー・コルダが血栓と診断されました。

コルダは、夏の東京オリンピックの前に💉を受けたと言われている。

 

 

記事

「Korda氏は、東京夏季オリンピックの前にワクチン接種を受けたと報道されている。血栓は、コロナクチンの重大な副作用の一つである。」

 

 

In light of the recent blood clot issue that fellow LPGA star Nellie Korda is dealing with I will say a prayer for Canada’s greatest golfer.
@BrookeHenderson

I hope it’s just a cold.
による英語からの翻訳
LPGAの仲間であるネリー・コルダが取り組んでいる最近の血栓の問題に照らして、カナダで最も偉大なゴルファーのために祈りを捧げます。
@BrookeHenderson

ただの風邪だといいのですが。

 

 

血栓で診断された世界第2位のゴルファーおよびオリンピックの金メダリスト、ネリー・コルダ

World's No. 2 Ranked Golfer and Olympic Gold Medalist Nelly Korda Diagnosed with Blood Clots | The Gateway Pundit | by Jim Hoft
World’s No.

世界第2位のゴルファーで2020年オリンピックの金メダリストであるネリーコルダは、日曜日に、血餅と診断され、フロリダの自宅で回復していると発表しました。