本ページはアフィリエイト広告・プロモーションが含まれています

帯状疱疹 現役世代の発症率が約2倍へアップ!

帯状疱疹が若い現役世代にまで激増中! 健康ニュース

帯状疱疹 現役世代の発症率が約2倍へアップ!

高齢者や過度のストレスで、免疫力が落ちた人が発症する帯状疱疹。
コロナワクチンは打つほど免疫力を失うのが原因か。
しかし未接種者にも増加は,シェディングなのか感染対策の失敗か?

ただし水痘ワクチンの影響とする説も証明できずハッキリしないまま。

 

事実として、帯状疱疹は増加傾向にあった。
そしてここ1~2年、大きく増加した。
従来の高齢者や10代の若者だけでなく、現役世代の発症が増えた。

さすがに以前からある帯状疱疹。
コロナワクチンだから、というのはちょっと遠いかも。
でもmRNAで免疫抑制、ADEに抗原原罪などを考えれば無関係というのも無理がある。

 

なんにせよ、コロナ騒動ではわかったのは免疫力がすべて。
どんな薬やワクチンよりも、自分の免疫力を高めておくことが大切ですね。

政府や厚労省や、ワクチン接種の詳細データをもっています。
疑われているコロナワクチンの接種状況などのデータを公開すべきでしょうね。

 

 

急増する働き盛りの帯状疱疹 発症率約2倍に増加、予防接種が影響

急増する働き盛りの帯状疱疹 発症率約2倍に増加、予防接種が影響(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
ぴりぴりとした痛みとともに、発疹が帯状に広がる「帯状疱疹(ほうしん)」。過度なストレスや免疫力の低下により50代以上で発症する人が多いが、ここ数年は20~40代の患者が増えているという。  帯状

ぴりぴりとした痛みとともに、発疹が帯状に広がる「帯状疱疹(ほうしん)」。過度なストレスや免疫力の低下により50代以上で発症する人が多いが、ここ数年は20~40代の患者が増えているという。

 

急増する働き盛りの帯状疱疹 発症率約2倍に増加、予防接種が影響(朝日新聞デジタル)

 

 

 

 

新型コロナワクチン接種後の帯状疱疹
予防接種健康被害救済制度 認定一覧
(2023.10.6時点)

75名が認定済 ※藤江の手作業集計

厚生労働大臣が「新型コロナワクチンを受けたことによるもの」と認定した事例です。(予防接種法第15条)

帯状疱疹の原因は、新型コロナワクチンかもしれません。

 

 

 

打てば打つほど免疫抑制

村上名誉教授
「打てば打つほど免疫抑制、IgG4抗体が誘導されウイルスを除けなくなり癌や帯状疱疹が増える」

「コロナワクチンを打つメリットは一つもない、理論上破綻している」

「mRNAワクチンの接種は人類至上初、今まで全部失敗していた」

 

 

 

帯状疱疹めちゃめちゃ増えている

江戸川病院は大変立派な病院。院長が話しているんだからちゃんと聴こうよ。医師と注射のどっちを信じるわけ?まだコロナワクチンを信じるの?

📢加藤正二郎先生

「城東地区でもっとも大きい病院グループでございます」

「帯状疱疹めちゃめちゃ増えているんですよ」

 

 

 

接種しなくても帯状疱疹

ただ、未接種の人でも帯状疱疹が増えている。
必ずしも原因はコロナワクチンだけではなさそう。

うちの病院で数少ない未接種の看護師さんの1人が帯状疱疹になった。かかりつけの皮膚科に行ったら、「コロナワクチン打ってなくて良かったよ!打ってたらこんなもんじゃ済まなかったよ」と言われたらしい。わかってる皮膚科の先生👍

 

 

 

ワクチンで帯状疱疹、医療はマッチポンプ

世の中、帯状疱疹で結構な阿鼻叫喚のようなので、もう一本記事いきました。
だってだってメディアが「“失明”や“顔面まひ”も!帯状疱疹がコロナ禍で急増“4万円ワクチン”なら90%予防可能」って煽ってくるんやもん。
弱小通信ではあるものの、こちらも粛々と対抗せねばな。

 

 

 

ワクチンで帯状疱疹がという論文

ワクチンのせいで増えてるんでしょ。

イスラエルでワクチンで帯状疱疹が増えているという論文が2021年8月に出てる。

マスコミは一体いつまでも無視すれば気が済むのか?
https://twitter.com/hudikaha/status/1466171205916921864

 

 

 

ワクを打った後に帯状疱疹

シュツットガルト新聞記事要約

ワクを打った後に帯状疱疹が出るケースが増加していると皮膚科医が指摘。連邦セーフ機関が因果関係を調査中。

 

 

 

接種者の帯状疱疹 OANで放送

接種者の帯状疱疹、癌の再発、アナフィラキシー、追跡が可能なこと、磁気を帯びる理由、中絶胎児由来のものなど。OANで放送されたということだと思います

 

 

 

あくまでワクチンは人口削減のツール

ワクチンを何度も打ったら、免疫力が下がって、ただの風邪でも重症化するのは当たり前の話。
基本的に今回のワクチンを打つと免疫力は回復しない。
人口削減が目的だからね。
2021年の接種開始から何を学んだかが人生の分かれ目。
#超過死亡 #ワクチン薬害

 

 

 

50歳未満で帯状疱疹が増加、なぜ? ジャスティン・ビーバーは29歳で発症し顔面マヒに

50歳未満で帯状疱疹が増加、なぜ? ジャスティン・ビーバーは29歳で発症し顔面マヒに(ナショナル ジオグラフィック日本版) - Yahoo!ニュース
ポップスターのジャスティン・ビーバーが2022年、29歳で水痘・帯状疱疹ウイルスが原因の疾患を発症し、合併症によって顔の一部がマヒしたため、海外ツアーを中止すると発表して話題になった。このウイルス

年を取ってからでないと発症しないと思われがちだが、実はどの年齢であってもかかるリスクはある。最近では、50歳未満で発症するケースが増えているという。

 

 

 

帯状疱疹が増加した理由

ちなみに、生成AIの回答

 

帯状疱疹が増加した理由について、以下の点が考えられます。

  • 新型コロナウイルスの感染拡大とロックダウンによるストレス 帯状疱疹はストレスが引き金となりやすいため、コロナ禍によるストレスが増加していることが影響していると考えられます。
  • マスク着用による免疫力低下 マスクを長時間着用することで、全体的な免疫力が低下し、帯状疱疹を発症しやすくなることが指摘されています。
  • 新型コロナウイルスとの関連 新型コロナウイルス感染後に帯状疱疹を発症するケースが報告されており、新型コロナが帯状疱疹再活性化の引き金になっている可能性があります。
  • 高齢化 年齢が高くなるほど帯状疱疹を発症しやすくなるため、高齢化により帯状疱疹全体が増加していると考えられます。

ストレスや免疫力低下、新型コロナウイルスとの関連など、複合的な要因が影響している可能性が高いといえます。