1. TOP
  2. 病気・症状
  3. 最強のウイルス対策はビタミンD!



最強のウイルス対策はビタミンD!

病気・症状
この記事は約 3 分で読めます。 438 Views

副作用のないウイルス対策

5月のこの時点でもう明らかだった。フィンランド、ノルウェー、スウェーデン。当時は3国いずれもノーマスク。この3国比較でスウェーデンだけが死者が多かった。BCG接種の無い英国とスウェーデンでは封鎖をしないスウェーデンの方が良好だった。有効なのはBCGで、逆効果なのが封鎖だ。

 

結核の予防接種であるBCGを打つと、ビタミンDが体内で増えていた。
ビタミンDは免疫機能を向上させるといわれているので、この効果だろうということですね。

樹状細胞の分化と成熟を阻害し、Tリンパ球に作用してT細胞の活性化と増殖を阻害し、サイトカイン発現を変化させることが示されています。
とのことですが、私にはよくわかりませんけど。

 

 

ビタミンD

ビタミンD因子が新コロの緯度-季節性を説明し、BCGが国による100倍差を説明。

実は両方がつながっていた!
https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0016709

英国でBCGワクチンを接種した乳児は、未接種の乳児に比べて十分なビタミンDを持っている可能性が3-6倍であった

 

ということでBCG打ちましょう!じゃなくて、ビタミンDを体内にキープしましょう!ですね。

サプリメントや食事なんかもあるのでしょうが、基本はやっぱり日光浴!
お日様の光を浴びていると、体内でビタミンDが生成されます。

日光浴はノーリスク、メリットしか無いウイルス対策ですね!

 

ワクチン接種の前に知っておくこと・・・
【無料メールマガジンの登録はこちら】

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【悲報】新規感染者の84%がコロナワクチン接種者

  • あなたはどっち?コロナに感染VSワクチン接種

  • スウェーデンでもコロナワクチン接種の効果は残念な結果に

  • mRNAワクチン発明者、強制接種に反対

関連記事

  • イーロンマスク、コロナは風邪の一種とまた暴露

  • 感染予防効果はナシ。厚生労働省のマスク着用の見解

  • 厚労省に確認!「マスクに効果なし」

  • 岡山の介護士、ワクチンの副反応で退職・・・

  • マスク着用はウイルスの感染を拡大させる

  • ワクチンに対する権威ある科学者の言葉