1. TOP
  2. 病気・症状
  3. 最強のウイルス対策はビタミンD!



最強のウイルス対策はビタミンD!

病気・症状
この記事は約 3 分で読めます。 234 Views

副作用のないウイルス対策

5月のこの時点でもう明らかだった。フィンランド、ノルウェー、スウェーデン。当時は3国いずれもノーマスク。この3国比較でスウェーデンだけが死者が多かった。BCG接種の無い英国とスウェーデンでは封鎖をしないスウェーデンの方が良好だった。有効なのはBCGで、逆効果なのが封鎖だ。

 

結核の予防接種であるBCGを打つと、ビタミンDが体内で増えていた。
ビタミンDは免疫機能を向上させるといわれているので、この効果だろうということですね。

樹状細胞の分化と成熟を阻害し、Tリンパ球に作用してT細胞の活性化と増殖を阻害し、サイトカイン発現を変化させることが示されています。
とのことですが、私にはよくわかりませんけど。

 

 

ビタミンD

ビタミンD因子が新コロの緯度-季節性を説明し、BCGが国による100倍差を説明。

実は両方がつながっていた!
https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0016709

英国でBCGワクチンを接種した乳児は、未接種の乳児に比べて十分なビタミンDを持っている可能性が3-6倍であった

 

ということでBCG打ちましょう!じゃなくて、ビタミンDを体内にキープしましょう!ですね。

サプリメントや食事なんかもあるのでしょうが、基本はやっぱり日光浴!
お日様の光を浴びていると、体内でビタミンDが生成されます。

日光浴はノーリスク、メリットしか無いウイルス対策ですね!

 

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 窪塚洋介さんは20年は体を洗ってない

  • コロナウイルス対策がインフルを減らした?

  • コロナの感染者が増えるも減るも、Ct値しだい!

  • フッ素入りの水道水は危険!

関連記事

  • PCR検査自体が危険!検査場所がきまり痛みを伴う理由

  • コロナウイルス対策がインフルを減らした?

  • コロナ狂想曲

  • 悲しきコロナの後遺症・イオ君

  • マスクがウイルスの感染を拡大させるのは飛沫が小さな粒子となるから

  • しょーもないコロナ患者の増やし方~♪