1. TOP
  2. 病気・症状
  3. ワクチンと病気

ワクチンと病気

病気・症状
この記事は約 2 分で読めます。 215 Views

ワクチンの効果も副作用も、絶対に研究レベルまでしか証明できません。
なぜなら「受けた」人と「受けなかった人」を正確に比較することができないから。

クローン人間をつくりまったく同じく育てるなら可能でしょうが、それ自体が不可能。

 

この前提を考えれば、予防商品であるワクチンの効果を証明する方が難しいんですよね。論文などのエビデンスを作るのはカンタンですが、実際の効果は証明できないという意味で。

それでもメリットが上回る。そんなワクチンだったらアリだと思いますけど。

 

どうして医者はいろんな病気の原因を発見できないのだろうかと不思議に思ったことはありませんか?

それは医者が、病気とワクチンの関係を知ることがないように「条件付け」されているからです。

 

以下は、ワクチンと関係があることが立証されている病気です。

 

・アレルギーとアトピー性皮膚炎
・関節炎
・ぜんそく
・自閉症
・乳幼児にプロトンポンプ阻害薬の投与が必要となる胃酸の逆流
・ガン
・糖尿病(乳幼児、児童)
・腎臓の病気
・流産
・さまざまな神経疾患と自己免疫疾患
・乳幼児突然死症候群(SIDS)
・他にも、まだまだあります。

 

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 救急搬送の患者、マスクを外しただけで回復傾向へ

  • インフル患者がコロナの感染対策で消滅!?

  • WHOがマスク着用を促す目的は庶民を”従順”にさせるため

  • HPVワクチンで子宮頸がんリスク大幅低下のカラクリ

関連記事

  • イギリスのコロナは感染するリスクは100万人あたり44人/1日

  • マスクは雑巾より汚くなる

  • マスク熱中症

  • 水銀アマルガム ワクチン

  • 新型コロナウイルスの治療薬

  • 屋外でのマスクの効果はなく、感染を拡大させると感染症の専門医