1. TOP
  2. 病気・症状
  3. ワクチンと病気



ワクチンと病気

病気・症状
この記事は約 2 分で読めます。 433 Views

ワクチンの効果も副作用も、絶対に研究レベルまでしか証明できません。
なぜなら「受けた」人と「受けなかった人」を正確に比較することができないから。

クローン人間をつくりまったく同じく育てるなら可能でしょうが、それ自体が不可能。

 

この前提を考えれば、予防商品であるワクチンの効果を証明する方が難しいんですよね。論文などのエビデンスを作るのはカンタンですが、実際の効果は証明できないという意味で。

それでもメリットが上回る。そんなワクチンだったらアリだと思いますけど。

 

どうして医者はいろんな病気の原因を発見できないのだろうかと不思議に思ったことはありませんか?

それは医者が、病気とワクチンの関係を知ることがないように「条件付け」されているからです。

 

以下は、ワクチンと関係があることが立証されている病気です。

 

・アレルギーとアトピー性皮膚炎
・関節炎
・ぜんそく
・自閉症
・乳幼児にプロトンポンプ阻害薬の投与が必要となる胃酸の逆流
・ガン
・糖尿病(乳幼児、児童)
・腎臓の病気
・流産
・さまざまな神経疾患と自己免疫疾患
・乳幼児突然死症候群(SIDS)
・他にも、まだまだあります。

 

ワクチン接種の前に知っておくこと・・・
【無料メールマガジンの登録はこちら】

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 自衛隊員ですら75%に副反応のコロナワクチン

  • シンガポールでもワクチン接種しても感染予防にならず

  • ウソだろ!?コロナワクチン・国立感染症研究所からの調査結果

  • 永野芽郁さん、脱水による熱中症もコロナ患者にされる

関連記事

  • コロナウイルス携帯電話ガラス面で28日間残存

  • ウイルス感染を増やすだけのマスクから命を守る方法

  • 過去のPCR検査フェイクパンデミック

  • やっぱりコロナはただの風邪

  • ワクチンに対する権威ある科学者の言葉

  • マスクで運動の弊害を鍼灸師さんがシェア