1. TOP
  2. 病気・症状
  3. マスク着用でコロナウイルスが脳に到達の恐怖!

マスク着用でコロナウイルスが脳に到達の恐怖!

神経科医のブレイロック医師やLancetの論文等によれば、

・マスクを着用していると、吐気の中にあるコロナウィルスが逃げることができずに鼻孔から再吸収され、鼻神経を経由して脳に到達する

これは困ったことだ。

Lancet=ランセット。査読制の医学雑誌。
査読チェックをされて確認された情報ってことね。

 

 

イメージでは、そりゃマスクで呼吸が妨げられ、換気されない。
ウイルスが存在すればそのまま自分が吸い込み増殖する。

ところがあまりにもウイルスを口から吸うことによって、脳に達してしまうということでしょうか。メカニズムは素人の私には不明・・・

 

なんにせよ、マスク着用はウイルスの感染予防効果はなく、自分の脳へウイルスを運ぶ確率を高める自殺行為。

これは医学的に確認できたのは大きいですね。

じゅうぶん、ご注意を。

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • カンボジアコロナ死者0達成!もちろんマスク不要!

  • 怖くて打てない・国産ワクチン開発の研究者

  • 安い牛肉でアップ!日本人のホルモン性依存がん

  • たった0.17%!!新コロの死亡率の低さが明らかに

関連記事

  • インフルエンザ予防接種は必要?副作用が危険?

  • マスク感染症

  • コロナウイルス携帯電話ガラス面で28日間残存

  • ワクチンに疑問を唱える「反ワクチン派」

  • コロナを暴くライナー・フュルミヒ弁護士

  • PCR検査が検査に使えないことを語るキャリーマリス