1. TOP
  2. 健康ニュース
  3. 妊婦さんは絶対に避けて!農薬で胎児の出産リスクがまた証明!



妊婦さんは絶対に避けて!農薬で胎児の出産リスクがまた証明!

健康ニュース
この記事は約 2 分で読めます。 257 Views
https://sustainablepulse.com/2017/04/05/high-glyphosate-levels-in-mothers-leads-to-shorter-pregnancies-and-smaller-babies-new-ongoing-study/

妊婦のグリホサート値が高いと、妊娠期間が短くなり低体重で生まれるリスク増!

 

 

発がん性によって世界で発売禁止農薬「グリホサート」。
ベトナム、フランス、オーストラリアなど続々と使用禁止する国が増えています。

 

オーストリア社会民主党のレンディ=ヴァーグナー党首

「(グリホサートの)発がん性を裏付ける科学的証拠は増えており、私たちの身の回りからこの毒物を追放することは、われわれの責務だ」

 

日本では「ラウンドアップ」として売上No.1の除草剤です。

世界中で禁止されているので、売れるのが日本など一部の国だけになってきています。

 

赤ちゃんを守りたければ、この劇薬の利用はやめましょう。
ペットを飼ってる方も、どうように注意してください。

あなたが赤ちゃんやペットを守るのならば、引き替えとして関わるあなた自身のリスクも下がります。

 

 

High Glyphosate Levels in Mothers Leads to Shorter Pregnancies and Smaller Babies – New Ongoing Study

 

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

https://sustainablepulse.com/2017/04/05/high-glyphosate-levels-in-mothers-leads-to-shorter-pregnancies-and-smaller-babies-new-ongoing-study/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • コロナ死者がアメリカで多い 驚きの理由!

  • 狂気!ファイザーとモデルナのmRNAワクチンの怖さ

  • 7州でハッキリ!感染症対策の強弱によるコロナ被害の結果は?

  • 東京都のコロナ陽性率がメチャクチャな理由

関連記事

  • CDCもギブアップ!新型コロナウイルスはコンピュータで作られたウイルスと認める!

  • アメリカCDC発表!コロナの致死率「全年齢層で 0.4 %」

  • スイス、コロナワクチンを拒否!

  • 濃厚接触で、新型肺炎のウイルスに感染!

  • 自粛で運動不足の高齢者に起こる寝たきりリスク

  • たった0.17%!!新コロの死亡率の低さが明らかに