本ページはアフィリエイト広告・プロモーションが含まれています

コロナワクチンの副反応と認めてもらえる事例、そして現実

健康ニュース
世界中で猛威を振るい悲劇を涼雨サンしているコロナワクチン。 この “副反応疑い”ニュースは、接種へのエサでしょうね。 現実の副反応は人生そのものを終わらせているのが現実です。 そういう意味では、副反応はこれくだいなので大丈夫ですよ。 というプロパガンダ記事かもしれませんね。  
20代と70代男性が救急搬送 “副反応疑い”…ワクチン集団接種会場で経過観察中に体調悪化 名古屋(東海テレビ)
  20代と70代男性が救急搬送 “副反応疑い”…ワクチン集団接種会場で経過観察中に体調悪化 名古屋
Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
名古屋市が行っている新型コロナウイルスワクチンの集団接種会場で、接種後に体調を崩し、男性2人が救急搬送されたことがわかりました。副反応の疑いがあるということですが、ともに回復しています。
ともに回復、よかったですね。 でも、、、 なんでこんな軽いのを報道するのだろう?と考えると、この暗いなら副反応として認めてもいいよ、と言うことかもしれません。 逆に、重篤、深刻な副反応の場合は”因果関係は不明”、”評価できない”のお約束コースなんでしょうね。    

血栓症

神経外科医ジャンルイジ・ゾナ。「このような広範な且つ重度の血栓症に侵されている脳を見たことがない。内部圧力を緩和するために頭蓋骨は開く減圧頭蓋骨切り出しを決定した。すべての静脈洞は血栓で塞がれた。こんなの私は見たことがない。」
   

1週間で2063人の死者

こういう深刻なものはスルーでしょう。
新型コロナワクチン。一週間で2063の死者。記録をどんどん更新する。