1. TOP
  2. 健康ニュース
  3. 新型コロナ 医学生が選んだ治療薬

新型コロナ 医学生が選んだ治療薬

健康ニュース
この記事は約 4 分で読めます。 239 Views

自分の母親が新型コロナに罹患。
そこで医学生の息子は、自分の身内のために選択した治療法は・・・

 

グルタチオン(GSH)・2,273円

グルタチオンは、3つのアミノ酸から成るトリペプチドである。通常はあまり見られないシステインのアミノ基とグルタミン酸の側鎖側のカルボキシ基との間にアミド結合を有する。抗酸化物質の1つであるグルタチオンは、フリーラジカルや過酸化物といった活性酸素種から細胞を保護する補助的役割を有する。


 

アジスロマイシン・2,020円

アジスロマイシンは、15員環マクロライド系抗生物質である。分子量は785.02。日本での商品名は「ジスロマック」、略号は「AZM」。 2009年現在15員環マクロライド系抗生物質はアジスロマイシンのみである。

 

 

ヒドロキシクロロキン(HCQ)・418円

ヒドロキシクロロキンは抗マラリア剤かつ全身性・皮膚エリテマトーデス治療薬である。海外では関節リウマチの炎症の軽減にも用いられる。商品名プラケニル。

 

まぁウィキ先生の説明も、私らシロウトには難しいけど。

 

「”新型コロナに罹患した母、医学生の息子に救われる”決め手はグルタチオン(GSH) アジスロマイシンとHCQで大幅に改善したものの、息切れだけはなかなか治らなかった。 そこで息子が母に2000mgのGSHを投与したところ、すぐさま回復した」 インフルに効くエビデンスもあるしね

 

 

 

新型コロナの治療薬ともいえるけど、安い!安すぎる!
こんなのが一般化したら、パンデミックなんて収まってしまう。

なにより莫大な費用をかけてつくるワクチンが売れなくなっちゃうよNE!

 

ちなみに治療薬の黄埔である、レムデシビルなら107,535円くらい。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • CoVFeFe

  • マスク論文の検閲?

  • カンボジアコロナ死者0達成!もちろんマスク不要!

  • 怖くて打てない・国産ワクチン開発の研究者

関連記事

  • 介護地獄がとまらない!介護予防の予算が倍の400億円へ

  • 砂糖の害の1つは、低血糖になり精神的にキレやすくなる

  • イオンが接客時のマスク着用「原則禁止」ってどうよ?

  • 妊婦さんは絶対に避けて!農薬で胎児の出産リスクがまた証明!

  • 3月に説明済み・PCRはせいぜい50%〜70%までの確率

  • 厚労省「マスクより離れる」