1. TOP
  2. 病気・症状
  3. PCR検査で新型コロナウイルスの感染者を増やすカンタンな方法



PCR検査で新型コロナウイルスの感染者を増やすカンタンな方法

病気・症状
この記事は約 2 分で読めます。 597 Views

コロナのインチキが世界的にバレていく

http://tanakanews.com/200902corona.htm

 

米国(や世界)で行われている新型コロナのPCR検査が感度を過剰に上げて行われており、PCRで陽性になった人の9割がコロナに感染していない誤判定であることをリーク

 

具体的な手法としては、コピーの回数を増やすことで陽性も陰性もコントロールしていたんですね。

40回の増幅で陽性になった人の85-90%は、増幅を30回にすると陰性と判断される。米政府(CDC)は、米国内のPCR検査で何回の増幅をしているか発表していない。

感染者を増やすには、感度を上げて必要な陽性者をつくる。
そして感染者と発表する。

 

以前の小池都知事が「~名に乗せる」というコメントをしたのも、こういう手法でコロナ患者を作ることができたからかもしれません。

 

そもそも死因のカウントもメチャクチャなので、あとは誰がツッコミをいれるか? そういう段階なのかもしれませんね。

 

 

 

ワクチン接種の前に知っておくこと・・・
【無料メールマガジンの登録はこちら】

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 世界が拒否する恐怖のワクチン。5-11才接種が日本ではスターティン♪

  • オミクロンで怖がらせるように脅迫!

  • ステルスオミクロンw

  • 【悲報】コロナ重症者は4回接種が76%の衝撃!

関連記事

  • PCR検査の本当の目的とは

  • 風邪を早く治すかぜ薬などは無い

  • コロナで医療崩壊させないなら指定感染症をはずすだけ

  • 花粉症が田舎に行くと治る不思議

  • インフルエンザ大流行でも負けないのは免疫力

  • マスクで運動の弊害を鍼灸師さんがシェア