1. TOP
  2. 病気・症状
  3. コロナウイルス D614変異型



コロナウイルス D614変異型

病気・症状
この記事は約 2 分で読めます。 187 Views

新型コロナウイルスがバージョンアップして、D614変異型と呼ばれるタイプになって感染拡大中とのこと。

しかも、ウイルスがヒト細胞に結合しやすくなり、細胞内に侵入しやすくなることが研究で明らかに。

 

ただ、感染力が高くなったとしても人の免疫と戦う必要がある。
※研究では免疫は無視

でも「基本的な感染様式を変えたウイルスは知られていません」という事実があります。

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO62216920T00C20A8000000/

 

 

 

結局は、今まで通りロックダウンやマスクをさけ、免疫力を上げることが大切ということですね。

 

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 不活化インフルワクチンの115人の子どもに打った結果・・・

  • なぜコロナの重症患者は、よくしゃべるのか?

  • コロナ詐欺にだまされない!現役医師たちの真実の言葉

  • マスクにウイルス予防効果なし・JIS規格生産データ

関連記事

  • 【悲報】予防するほどインフルエンザにはかかりやすくなる

  • ドイツの神経学者が警告!マスクで神経障害のリスクが明らかに!

  • 免疫学者の第一人者「ワクチン 私は打たない」阪大教授

  • PCR唾液検査を陰性にする方法!

  • マスクを義務化した世界の事実

  • 骨粗鬆症