1. TOP
  2. 病気・症状
  3. コロナウイルス D614変異型



コロナウイルス D614変異型

病気・症状
この記事は約 2 分で読めます。 252 Views

新型コロナウイルスがバージョンアップして、D614変異型と呼ばれるタイプになって感染拡大中とのこと。

しかも、ウイルスがヒト細胞に結合しやすくなり、細胞内に侵入しやすくなることが研究で明らかに。

 

ただ、感染力が高くなったとしても人の免疫と戦う必要がある。
※研究では免疫は無視

でも「基本的な感染様式を変えたウイルスは知られていません」という事実があります。

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO62216920T00C20A8000000/

 

 

 

結局は、今まで通りロックダウンやマスクをさけ、免疫力を上げることが大切ということですね。

 

ワクチン接種の前に知っておくこと・・・
【無料メールマガジンの登録はこちら】

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • ワクチンが重い疾患や死を完全には予防できない

  • マスクが感染を拡大させる理由になっとく!

  • 【実録】コロナワクチン接種の24歳の看護師さんによる副反応の体験談!

  • 子どももマスクで健康を失わないために・・・

関連記事

  • インフルエンザ激減でラッキー継続中!

  • 医師免許剥奪!ワクチン接種児と非接種児の比較

  • ワクチンの中身は胎児

  • ワクチン打ってしまった子供の悲しい統計

  • 250P!フランスの科学的な証拠に基づいたマスクの健康への危険性

  • PCR検査の前提を岩田健太郎さんに質問した結果