1. TOP
  2. 病気・症状
  3. マスクは2時間でウイルス予防どころか感染源になる



マスクは2時間でウイルス予防どころか感染源になる

病気・症状
この記事は約 2 分で読めます。 492 Views

マスクはしていればよい。というものではなく、するからには使用方法を必ず守ること。それができて、はじめて感染予防の効果が期待できる。

すき間をふさぐ、表面は絶対に触らないなどの基本だけでなく2時間以上同じマスクを使ってはいけない。

 

マスクは屋外では無意味。
2時間以上同じマスクを使えば、逆に感染を拡大させる感染源になる。感染予防としては最悪の選択。

 

モスクワ医科大学のウィルス、免疫の専門家ズベレフ博士は、コロナの感染防止にマスクを使用可能な時間は最大2時間と分析

・2時間でマスクは感染源に変化 ・屋外では、役に立たないだけでなく有害 バクテリア等の増殖 ↓ 肺気腫、気管支喘息、真菌性、細菌性疾患等の原因

ご使用は自己責任で

ワクチン接種の前に知っておくこと・・・
【無料メールマガジンの登録はこちら】

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • マグネットチャレンジ

  • ワクチン接種で5日後に死亡!40代女性「子宮から出血」

  • 女がコロナワクチンに騙されるとどうなるのか?

  • コロナワクチンは動物実験もなく、絶賛人体実験中!

関連記事

  • 高齢者でも新型コロナで死亡増加なし!

  • コロナ患者のほとんどがビタミンD欠乏。死者は人工呼吸器使用者

  • 医師が執拗にワクチン接種を勧める理由

  • 【悲報】予防するほどインフルエンザにはかかりやすくなる

  • なぜマスクがウイルスの感染拡大ツールになるのか?

  • コロナが怖けりゃ息止めてればいい話