1. TOP
  2. 病気・症状
  3. マスクは2時間でウイルス予防どころか感染源になる



マスクは2時間でウイルス予防どころか感染源になる

病気・症状
この記事は約 2 分で読めます。 837 Views

マスクはしていればよい。というものではなく、するからには使用方法を必ず守ること。それができて、はじめて感染予防の効果が期待できる。

すき間をふさぐ、表面は絶対に触らないなどの基本だけでなく2時間以上同じマスクを使ってはいけない。

 

マスクは屋外では無意味。
2時間以上同じマスクを使えば、逆に感染を拡大させる感染源になる。感染予防としては最悪の選択。

 

モスクワ医科大学のウィルス、免疫の専門家ズベレフ博士は、コロナの感染防止にマスクを使用可能な時間は最大2時間と分析

・2時間でマスクは感染源に変化 ・屋外では、役に立たないだけでなく有害 バクテリア等の増殖 ↓ 肺気腫、気管支喘息、真菌性、細菌性疾患等の原因

ご使用は自己責任で

ワクチン接種の前に知っておくこと・・・
【無料メールマガジンの登録はこちら】

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 赤ちゃん大量死の悲劇!コロナワクチン接種の副反応・・・

  • マスクにワクチンパスポートの効果を比較しよう♪

  • 血管が詰まる致死率の高い心臓発作が増加!

  • 日本人の大量死はワクチン副反応? 7月の超過死亡が1万人の衝撃!

関連記事

  • 消毒・殺菌にこだわると、免疫が下がりかねない

  • ワクチンも打たないので自閉症もナシ!

  • インフルエンザ大流行でも負けないのは免疫力

  • 【悲報】スペイン風邪でもマスクの効果はなかった

  • イベルメクチン コロナウイルス

  • ジョコビッチもワクチン接種に反対