1. TOP
  2. 病気・症状
  3. HPVワクチンで子宮頸がんリスク大幅低下のカラクリ



HPVワクチンで子宮頸がんリスク大幅低下のカラクリ

病気・症状
この記事は約 2 分で読めます。 415 Views

HPVワクチンで子宮頸がんリスク大幅低下、初めて集団レベルで確認

Medical Tribune誌 2020年10月12日

 

へー。そうなんだ。なんて素人ながらに思っていると、しっかりと論文の中身をチェックしてくださってる記事が。

まぁワクチンで病気を予防できるってのがそもそもねぇ。

 

「接種が早期であるほどリスクが低下することが示された」としていますが、これは大きな間違い!です。

理由は因果関係ではなく相関関係だからということですか。

 

子宮頚がんワクチンを接種した集団としていない集団の間での、限定された条件下で、子宮頚がん発症率を比較しただけ

ふんふん

論文の結果をよく読むと、ワクチン接種していないグループの方が、教育レベルや収入レベルが低い傾向が読み取れます(この論文でも考察で言及している)。

つまり単純に接種グループが分けられているわけでなく、そもそもの集団に偏りがあるってことですね。

 

また、子宮頸がん発症ピークの年齢前までしかない。

この研究では30歳までの発症しか見ていませんが、世界的に見ても子宮頚がん発症のピーク年齢は、40~60歳です(Lancet Glob Health. 2020 Feb; 8(2): e191–e203)。

知りたいのはその先やーん。

 

HPVワクチンは、近年になって世界的に施行されているため、副作用のデータがかなり出揃っています(Immunol Res. 2018 Dec;66(6):744-754)。

こわ。

 

ワクチン接種の前に知っておくこと・・・
【無料メールマガジンの登録はこちら】

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【悲報】新規感染者の84%がコロナワクチン接種者

  • あなたはどっち?コロナに感染VSワクチン接種

  • スウェーデンでもコロナワクチン接種の効果は残念な結果に

  • mRNAワクチン発明者、強制接種に反対

関連記事

  • マスクの効果をシミュレーション映像で理解しよう!

  • 日本の医療崩壊の原因は無症状でも入院させるから

  • マスク顔ダニの恐怖!

  • アメリカの子どもたちの精神が崩壊寸前

  • マスク政策の有用性

  • ワクチン打てずに乳児の突然死が減っちゃった!