1. TOP
  2. 健康ニュース
  3. コロナ禍で喘息の患者が激減!



コロナ禍で喘息の患者が激減!

健康ニュース
この記事は約 6 分で読めます。 113 Views
ぜんそく

喘息の原因と対策がわかるかも?

 

ぜんそく患者「コロナ禍で急減」という衝撃事実

https://news.yahoo.co.jp/articles/e507bec09cc53348529989077abd8c889eecf860

 

新型コロナウイルス(COVID-19)流行期に、「喘息(ぜんそく)」の患者が増えるだろうと予測されてたのに、による入院患者数が増えるどころか激減してたそうです。

医学の常識ではウイルスなのですから、気管や肺に感染してぜんそくを悪化させます。
なので、ぜんそくの入院患者数が増えると予測されていたのに患者が減っちゃったってことですね。

 

しかも年齢に関係なく、ほぼ半減していたそうですから、決定的な何かがあったと考えられますね。

 

 

コロナ対策

新型コロナからの感染予防行動だった手指消毒や、マスク着用による花粉などのアレルゲンへの暴露(さらされること)の減少が主な要因だと推測される。

 

ぜんそくに対する薬剤の効果アップ → こんな短期間に半減するほどの改善があるとは考えられない。

患者の行動変容 → ちゃんと薬の服用をまもった。自宅で暇だからか?

3密を回避 → 人と関わらなければリスクは減る。

 

少なくとも喘息に限っては、傾向がみてとれそう。
ただマスクや消毒にしても、逆にそのせいで増えた、という人もいるので原因には個人差がありそうです。

ただアレルゲンを避けるというのだけは、外せない要素ですね。
自分にとってのアレルゲンを避けるのが大切ですね。

 

そしてなにより、下記コメントにあるような「香料」や「喫煙」、「排気ガス」のようなアレルゲンを社会で減らすことが大切なようです。

病院が大勢いる病院へはいかない。
症状があるなら外出しない、人にあわない。
これらが重要だということです。

 

 

ヤフコメ

「マスクは接客として失礼」という価値観に苦しめられてきた。

子供が風邪を引かない→わたしも風邪をひかないになり、今年に入ってから喘息になっていません。

咳喘息と診断されています。
香りの強い洗剤が原因でした。自分は全部無香料か香りの少ない物に変えて症状をコントロール

職場や外出先で他の人から漂いでる強い香り(抗菌洗剤や柔軟剤)を浴びても咳が止まらなくなります。昨今テレワークや外出の自粛など、アレルゲンを浴びる事が少なくなってずいぶん調子が良いです。

私も喘息の持病がありますが、今年は2月以降発作がおきていません。
マスクは毎年していたけれど、まわりに風邪の人がいるとたいてい感染し、風邪をひくと必ず喘息が出ました。

外出時のマスク着用でそれらの化学物質を吸い込むことが減ったからだと個人的には思っています。

喘息患者ですが、コロナ前も花粉症と喉の乾燥予防のため、マスクは真夏以外ほぼつけていて、それでも息苦しくなったりもしていたので、喘息悪化の減少はマスクだけが理由ではない気がします。

自分の喘息はといえば今年は頻度は上がりました。マスクのせいで逆にアレルギー症状が多くなり今年は頓服の使用が多くなりました。アレルゲンの反復曝露がマスクにより起きて、苦しめられました。

喘息の発作は例年と変わらず、もしくは増加。重積発作までいかないから入院数に影響はしないけど。

毎日毎日、発作がでないか休まらない日を送ってきました。
それがなんと!休校になり自粛中から今まで一度も出てないんです。もちろん毎日の薬と吸入はしっかりやっていますが。

マスクや距離を取ることが良いと言うことではなく、これだけアレルギーになりやすい物が周りに蔓延っているという事に気付かなければならないです。
体を害しているものは沢山あるんです。

マスクの効果はもうずっと感じているから、コロナ以前も夏以外殆ど外でマスク着用しているので、何年も喘息は出なくなっています。眼は点眼薬で凌いでいます。
だけど、マスクの外に出ている眼の粘膜にはアレルゲンは入ってくるから、眼は痒くなる。

今年は咳の発作が多いなあ。
まあ、年々悪化しているから単純なる悪化だと思うけど。
コロナに感染したら重症化するだろうけど、もともとこの呼吸器ではそう長くは生きないだろうと考えているせいか、不思議なくらいコロナへの恐怖を感じないから、1年前より特別変わったことをしてはいないのだけど。

マスクにより咳喘息が悪化しました。この前は駅のホームで少し咳をしただけで、ジジイが「コロナ!」と非難して来ました。ヘルプマークに【咳喘息持ちです。】と油性ペンで書いてあるんですけど。

PMや花粉が飛んでる日とか喘息症状が出るけど、発作が起こったのは1回だけで、マスクって大切だなと実感してます。

息子が小児喘息ですが、かかりつけの小児科では、
個人でネブライザーを購入して、発作の時は自宅で吸入するようにと指導されました。
薬剤も以前より多めに処方されているので、
病院に行く回数は減りました。

香料きつい人やタバコ臭い人ともソーシャルディスタンスなので、発作は確かに減っている。
これを機に、考え直して貰えたらいいなあ…。
ほんとその刺激で苦しいんだよ。

香料とアルコール・PM2.5・低気圧で発作がでます。
喘息で咳き込んでかかりつけ医に行きますが、まわりの白い視線が本当に辛いなので、薬を飲み自宅で吸入器を使い様子をみます。いよいよダメに近いと思ったら病院で注射をお願いしてます。

温度差で喘息になる自分は逆に今年は猛暑でエアコンとの温度差で結構喘息に苦しみましたが喘息の要因も色々あると思う

一日中のマスクのおかげか、気温の変化にもマスクでかなりまし。
吸入使う回数も少ないし。とりあえずマスクしつづけます。夏も。

喘息の発作今年三回
自身 砂埃が原因で外出中の砂埃には要注意
マスクしていても鼻辺りの隙間から入り咳が止まらない
吸入はその都度して治まる感じ

ずっとアスピリン喘息に気がつかず、風邪→解熱剤→喘息になってました。病院に行かなくなって、解熱剤喘息が減ったんじゃないか?

毎年、秋の花粉症で苦しんできたけど、今回はマスクを常につける習慣が身についたおかげで今までにないくらい症状が軽い♪

言われてみれば私もほとんどぜんそくありません。風邪のときには酷かったのですが、風邪もなし。軽い咳のみ。その代わりというか、リウマチぎみですが。。

今年、数年ぶりに喘息発作を起こしています…少数派だったのか…。

私は、コロナ感染予防のアルコール消毒の暴露で喘息になりましたけどね。笑笑
周りにアルコールで喘息発作が出る人もいる事を知っていただけると幸いです。

確かに発作出ない。マスクが効いている

コロナが怖いので病院行かないようにしている。

とにかく喘息患者は十分すぎるほど気を付けるべきです。フィギュアスケートの羽生選手も喘息持ち。消毒と免疫力を付けつつ、人混みには近寄らないこと。

喘息発作の引き金になっているのは古くからのコロナウイルスもそうだけど細菌感染や、やっぱり感染の刺激だと言われております。

みんなマスクして消毒しまくってるんだもの。他の感染症も激減してるよ。

今年喘息発作出てない
なんならアトピーも例年よりマシ

 

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

ぜんそく

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • コロナ狂想曲

  • コロナに対するイラクの専門家のKetuly教授の見解

  • サージカルマスクも心肺機能を低下させる

  • PCR検査のデタラメさを医師が開設した動画

関連記事

  • 堀ちえみ がん

  • 夜勤は寿命が縮むだけでなく発がん性も!

  • コロナの検査を煽る感染症専門医ではない自称専門家の正体

  • 澁谷泰介さんPCR検査のワイドショーのウソを暴露

  • PCR検査 10日待ち

  • トランプ大統領マスクせずにアリゾナ州の医療用マスク工場