1. TOP
  2. 健康ニュース
  3. コロナワクチンでギランバレー症候群



コロナワクチンでギランバレー症候群

健康ニュース
この記事は約 3 分で読めます。 435 Views

ギランバレー症候群(末梢神経の障害)なんて10万人に1人と言われる超難病ですが、コロナワクチンの副反応で発症のリスク。
99%が発症せずほぼ無症状の新型コロナウイルス予防のため接種でどうなんでしょうね。

もっとも「安心」のためでしたら、効果より藻世間の目やテレビの煽りへの不安のために打ってしまうのかもしれませんが。

 

FDAは、ジョンソン&ジョンソンのコロナウイルスワクチンに関連するまれな麻痺症候群について警告を発しました
https://www.businessinsider.com/fda-guillain-barre-risk-for-johnson-and-johnson-covid-vaccine-2021-7

 

 

CDCはVAERS(ワクチン有害事象報告システム)のデータを精査した結果、ジョンソン&ジョンソンのワクチンを接種した人々に神経性疾患であるギランバレー症候群が起きる可能性があると警告。発症は接種後2週間ほどで、多くの患者さんは50歳以上の男性です。

 

FDA(アメリカ食品医薬品局)の発表では、最近のケースとして、ジョンソン&ジョンソンのワクチン接種者のうち100人程度がギランバレー症候群を発症、うち95人が入院、1人が亡くなったとしています。

 

これ難病になるということは、難病も先天的な病気とは限らずに健康状態、栄養や毒素などによって引き起こされると言うことですよね。

 

 

ワクチン接種の前に知っておくこと・・・
【無料メールマガジンの登録はこちら】

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • コロナワクチンによるADE (抗体依存性増強)の恐怖

  • コロナの感染拡大は変異株ではなくワクチン接種者だった!

  • コロナワクチン接種後の感染爆発は免疫力を下げるから

  • 6.72倍!自然感染vsワクチン接種、感染予防効果が高いのはどっち?

関連記事

  • ファイザーコロナワクチン、妊婦への安全性を調べる臨床試験を開始

  • PCR検査で100%陽性になる方法

  • イオンが接客時のマスク着用「原則禁止」ってどうよ?

  • コロナばんざい!?例年より死亡者が激減のナゾ!

  • ワクチン2回接種でも感染クラスター発生・イギリス空母

  • なコロナワクチン副反応・2021年5月版