1. TOP
  2. 健康ニュース
  3. 素人マスクで防げるウイルスなど存在しない



素人マスクで防げるウイルスなど存在しない

健康ニュース
この記事は約 3 分で読めます。 335 Views

いまだに高エビデンスレベルで科学的根拠が認められない、不織布などの一般的なマスク。
さらにスキマ、2時間以上の仕様、外して再着用などの素人使いでは、まったくの逆効果ですからね。

なぜそんな適当な着用方法でも、つけていることが大切なのか?
それは意味のないことに従わせるという”しつけ”だからですね。

騙されないように気をつけたいものです。

 

人々が着用しているマスクは、実際には、ウィルスの蔓延を阻止するには信じられないほど効果がないんです

 

マスクによる呼気の再吸入は間違いなく酸素欠乏と二酸化炭素の氾濫を引き起こす。脳は酸素欠乏に非常に敏感である為、例えば海馬(脳の器官)の神経細胞は酸素がないと3分を超えて生き残ることはできない。急性の警告症状は、酸欠の頭痛、眠気、めまい、集中力の低下など。

 

去年の夏はコロナが怖いと騙されていたのでがんばれた。
でも今年は、さすがにテレビに騙されてたって気づいちゃうとマスクが不快なものと感じるかもしれませんね。

熱中症も危険な時期ですから、マスクは必要な時に正しく着用しましょう。

 

ワクチン接種の前に知っておくこと・・・
【無料メールマガジンの登録はこちら】

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • コロナだけじゃない!悲惨なワクチンでの薬害歴史

  • コロナワクチンは判断力テスト?

  • モデルナワクチン心筋炎や心膜炎の副反応で厚労省も動く

  • 3回目が本番か!コロナワクチン接種の結果・・・

関連記事

  • な、なんだとぉ…コロナ対策成功したはずのニュージーランドで医療ひっ迫の悲報

  • 東京都コロナ死患者の徹底調査・東京都保健福祉局

  • 【死亡診断書】コロナ患者の増やし方

  • インフルエンザの予防接種の効果?患者が絶滅危惧種!

  • コロナワクチン接種会場で搬送される人と、それでも接種を望む人々・・・

  • さすがに副反応に認定!スコットランドの34才の女性