1. TOP
  2. 健康ニュース
  3. 厚労省配布パンフレット・副反応データに致命的ない偽り発覚!



厚労省配布パンフレット・副反応データに致命的ない偽り発覚!

 2022/05/18 健康ニュース
この記事は約 7 分で読めます。 121 Views

厚労省配布パンフレット・副反応データに致命的ない偽り発覚!

【ワクチンデータ改ざん】で有効であるかのように偽っていた厚労省。
こちらは心筋炎や心膜炎の発症リスクを低く発表。

故意か過失かは不明ですが、騙された人は気の毒ですね。

パンフレットでは、ファイザーの方がリスクが少ないよ!的な表現ですが、本来ならば接種者と接種者を比較すべき所。
するとなんと、接種した場合は48倍もリスクが高かったという・・・

 

 

マスコミがやっと報道
厚労省が一般家庭に配布した詐欺パンフレット
コロナによる心筋炎は実際は4人 数字のトリックによって834人と見積もって記載していた
接種が終わった今頃になって 関西ローカルでぼやかして報道してます

 

 

『厚生労働省は間違った事が書かれたパンフレットを皆んなに配布していまして…それでワクチンの接種を推奨していたんです…ワクチン接種後に心筋炎、心膜炎などになる事があるんですが…その確率を表した数字が誤っており…必ずワクチンを接種した方がよいと思わせるものに…』ってもう詐欺じゃん😰

 

 

#そこまで言って委員会 R4/5/15
7.「ヤバい!厚生労働省」④
・厚労省が配布したワクチン接種後の副反応に関するパンフレットだが、心筋炎になる確率が間違っていた。
・必ず接種したほうがいいというパンフレットになってしまっている。

 

 

コレですよ↓
あれだけ電話で取り下げるように言ったのにまだ載せてる厚労省いい加減にしてほしいわ💢
#ワクチン後遺症
https://mhlw.go.jp/content/000844011.pdf

 

 

厚労省のパンフレットは「未接種者全員」とすべき分母を「感染者」として心筋炎発症率を上げてたのよね。
未接種でも感染しない人=心筋炎にならない人が居るってことを丸無視して「ほーら怖いだろう?」とやってた。
こんなとこの出すデータなんか何も信じられない。

 

 

 

 

マスコミがやっと報道
厚労省が一般家庭に配布した詐欺パンフレット
コロナによる心筋炎は実際は4人 数字のトリックによって 834人と約420倍にも水増し 嘘情報を記載流布していた
接種が終わった今頃になって 関西ローカルがぼやかして報道した

 

 

 

ワクチン接種の前に知っておくこと・・・
【無料メールマガジンの登録はこちら】

\ SNSでシェアしよう! /

健康姫の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

健康姫の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

桑野 一哉

この人が書いた記事  記事一覧

  • 厚労省配布パンフレット・副反応データに致命的ない偽り発覚!

  • 【悪質】厚労省がデータ改ざんワクチン有効はウソ→今ごろ訂正

  • コロナワクチン接種で11歳女児死亡でも「小児用ワクチン」と報道

  • コロナ後遺症ではなく、普通の風邪の後遺症

関連記事

  • 前向きな気持ちはアレルギーを改善させる

  • コロナの感染症対策は無意味だった!意味があるのは免疫

  • フランスはもう、小学生すらマスク終了へ

  • 地獄の3回目。ワクチン先進国のイスラエル70万人接種で発覚!

  • コロナ患者が減ったのは緊急事態宣言の効果?

  • ADEか?ワクチン接種で死者が激増!南アフリカVSデンマーク