本ページはアフィリエイト広告・プロモーションが含まれています

ワクチン接種で病状悪化・大助花子の宮川花子さん

健康ニュース

ワクチン接種で病状悪化

漫才師コンビの大助花子。 多発性骨髄腫から回復を目指していた宮川花子さん。 コロナワクチン接種によって病状があっか。 絶望せずに、2度とワクチン施主をせずに命を大切にしてください。   免疫力低下、ガン化など健康状態を悪化させることが確認されたmRNAコロナワクチン。 マスコミにデマに騙されずに、命を守る選択をしてください。    

宮川花子、闘病記出版で相方大助の涙にツッコミ「あんたが泣いたらあかん言うたんやん!」

宮川花子、闘病記出版で相方大助の涙にツッコミ「あんたが泣いたらあかん言うたんやん!」 - お笑い : 日刊スポーツ
19年6月に救急搬送され、血液のがんの一種、症候性多発性骨髄腫を患い、当初は「余命半年」とも宣告された漫才師の宮川花子(67)が3日、相方で夫の大助(72)と… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkans...
昨年、新型コロナウイルスのワクチン接種を受け、その影響で、病気の数値が悪化。“再発”状態となり、再び抗がん剤治療を受けている。