本ページはアフィリエイト広告・プロモーションが含まれています

コロナワクチン後遺症には 自殺未遂に精神疾患も2022年には発覚!

コロナワクチン後遺症には 自殺未遂に精神疾患も2022年には発覚! 健康ニュース

コロナワクチン後遺症には、 自殺未遂に精神疾患も2022年には発覚!

あなたの周りにもいませんか?
ワクチン接種後に人格的におかしかったり、思考能力が低下したり。
そのくらいはかわいいもの。もっと怖い副反応がありました。

 

コロナワクチン後遺症といえば、血栓、心筋炎、帯状疱疹などが代表例。
しかし精神疾患や自殺願望までも、2022年には論文で発表。

世界では接種を止めていても日本では恐怖のレプリコン。
どんな病になっても不思議ではありません。

問題はこのようなリスクが明らかになっていても、報道規制でマスコミが伝えることはありません。虚偽の効果と安全性を主張するばかりで、根拠もない。

都合の悪いデータは改ざんし、デマがバレたら隠蔽するだけ。

 

 

精神疾患ではなくワクチン後遺症

イベルメクチンなどで回復できる見込みがある。
でも精神疾患とされてうつ病の投薬などされたら、泥沼化。

コロナワクチンは人を病気にするだけではなく自ら死にたくなる効果もおまけについてくると研究で判明しました。
ワクチン接種開始以来、世界中で自らポアしちゃう人の数が激増してます。

 

 

 

精神疾患症例

【世界中の医学論文に見る13例のワクチン接種後に誘発された精神疾患症例 】

COVID-19 ワクチン誘発性精神病 – ショックを受けるワクチン接種後の精神病、躁病、自殺未遂の13例
ウィリアム・マキス博士

 

 

 

2022年のネイチャー論文

メモ
「Covid Vaccination Linked to 21% Increase in Medical Problems – Nature」
https://dailysceptic.org/2023/02/28/covid-vaccination-linked-to-21-increase-in-medical-problems-nature/