本ページはアフィリエイト広告・プロモーションが含まれています

プールでも熱中症!避けるには?

プールと水着美女 健康ニュース

プール 熱中症

ちょうどニュースにもでてましたね。
プールで熱中症になるのか?

なります。

水中にいてもなるのか?

なります。

 

しつこくお伝えしていますが、熱中症は体温が上がってしまう症状です。
水中でも温度が高ければ、体温も上がってしまい熱中症になります。

 

 地方国立大学の室内プール(室温33℃、水温30℃、湿度87%)で水泳部の男子学生(当時21歳)が50 m を全力で泳ぐ練習を8本こなしたところでコースロープにもたれかかるようにして動かなくなった。

病院での診察結果は熱中症だった。

 

 

プール 安全基準

たまにプールが猛暑で中止のニュースもありますよね。
あれも安全基準があります。

 

「屋外プールの安全の目安として、水温と気温を足した温度が、65℃以上になる時には適さない」

小学校等から保護者への連絡文書の中に「熱中症予防のためのプール中止判断基準9時の水温+11時~12時の予想最高気温=65℃以上」

 

このように、プールでも熱中症になるのが前提。

プールがやってない!ならまだいいです。
でも自宅のプールで遊ぶ場合など、子どもの体調管理はお気をつけください。